search
とじる
トップ > 芸能ニュース > バラエティ番組で出た“迷言”週間トップ3(2/6〜2/13)

バラエティ番組で出た“迷言”週間トップ3(2/6〜2/13)

●第1位「死ぬほど(金は)あるから、もし付き合いたかったら言ってきて」(アンガールズ・田中卓志/TBS系『芸能人(秘)ヒキダシバラエティ★あけるなキケン』2月9日)

 小籔千豊、オードリー・若林正恭がE-girlsと、ひとつのジャンルの“ヒキダシ”を開けていく番組に、ドランクドラゴン・鈴木拓、フットボールアワー・岩尾望、田中がトリオで出演。“キモキャラ三銃士”として、ブサイクがゆえの爆笑エピソードを語りあった。項目のひとつに、「キモいで稼ぐ」があり、実はよりキモく見られるような努力もしていると吐露。その恩恵でテレビに出られている田中は、「普通より稼いでる」と自慢。E-girlsがやや引き、ヘンな空気になったところで、「死ぬほど(金は)あるから、もし付き合いたかったら言ってきて」と追い打ちをかけた。司会の若林は、「盛り下がっちゃったじゃないですか」と笑うしかなかった。

●第2位「つばさちゃんもセックスレスだったんです」(鈴木奈々/テレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』2月10日)
 
 “「知らなきゃ良かった」と言いたくなるさまざまなジャンルの秘密を大公開”する好評シリーズ。後半では、先輩モデルの益若つばさが、益若に憧れて業界入りした後輩の鈴木に食らわされたヒドい仕打ちを、一挙に告発した。益若はVTR越しに、売れて態度が変わった、「誰にも言わないで」と打ち明けたことをバラエティ番組でバラされた、あげた洋服を人に譲っていたらしいなど、鈴木の悪行を吐露。認めた鈴木は、「(スタジオの)大爆笑が欲しかった」と言い訳をした。しかしその直後に、「つばさちゃんもセックスレスだったんです」と、追いうちの暴露。このあとスタジオで対峙すると、鈴木はひたすら謝った。

●第3位「50(歳)すぎたら、泣いていこう思ってる」(ナインティナイン・岡村隆史/TBS系『時間がある人しか出れないTV』2月10日)

 番組名どおり、時間が余りまくっている芸能人がTBSに泊まりこんで、テレビのある部分だけを徹底的に調査する番組。今週は、“芸能界 真のワイプ女王決定戦”が題材。矢口真里をスタジオゲストに招き、無名芸人のフルパワーズがその検証の任を与えられた。不眠や倦怠などと戦ったフルパワーズが完成させた調査報告書、そのトップ3は、3位がHKT48・指原莉乃、2位がおのののか、トップがベッキーだった。補足で、“女王”になれない岡村も調べられたが、結果、3位という好結果。「50(歳)すぎたら、泣いていこう思ってる」と今後のプランを明かした岡村は、50の大台に乗ったら、「無茶苦茶してやるからな! 収録中に酒も飲むし、泣くし」と宣言した。(伊藤由華)

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ