search
とじる
トップ > 社会 > 盗撮を担当する部署の警視、実は盗撮犯だった 「数年前から繰り返していた」余罪も認め怒り広がる

盗撮を担当する部署の警視、実は盗撮犯だった 「数年前から繰り返していた」余罪も認め怒り広がる

pic pic

画像はイメージ

 山梨県警生活安全部の男性警視(59)が、JR身延線の車内で盗撮をしたとして、県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検された。

 この警視は、山梨県警生活安全部で盗撮事件の捜査などを担当しており、部内ナンバー2だった。そんな立場のある人間でありながら、10月9日午前7時半頃、JR身延線の車内で10代女性のスカートに小型カメラを入れ、盗撮。警視は容疑を認め、「女性の下着に興味があった」などと話しているという。

 ​>>25歳中学校男性教諭、スーパー銭湯で全裸男性客を盗撮し逮捕 「他にも撮った」USBメモリーに保存か<<​​​

 警察が捜査を進めたところ、警視から押収した5台のカメラとパソコンから、盗撮したと思われる画像や動画合わせて350点を確認。当該警視は「数年前から繰り返していた」と余罪も認めているとのこと。山梨県警は11日付で警視を書類送検し、停職6か月の懲戒処分とする。そして同警視は、11日付で依願退職した。

 生活安全部で盗撮事件を扱っていた人物が、実は盗撮犯だったという信じがたい事件に、「こんなことが許されて良いのか。これで終わりでは納得がいかない」「こんなやつが警察の幹部。それこそ試験に受かれば不適格な人物でも警視になれるということなのか。階級制度を見直すべきだ」「最前線で犯罪と戦う真面目な警察官もいる。そんな人間への冒涜だろう」「盗撮を取り締まっていたということは、被害画像も目にするはず。それを楽しんでいたのか」と怒りの声が上がる。

 また、山梨県警が停職6か月としたことについて、「退職金を手にさせるために停職にして依願退職させる。やり方がおかしくないか」「一般企業なら懲戒解雇は免れない。公務員は身内に甘い」「警視という上級国民だと盗撮しても逮捕されないのか」「警察は身内に甘々。そんなことで治安を守れるのか」と憤りを訴えるネットユーザーが相次いだ。

 警察の信頼を損なう犯罪と、処分の甘さ。全てが残念だ。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ