search
とじる
トップ > 芸能ネタ > W浮気で略奪愛も…柴咲コウ、再び浮気連泊で妻夫木聡を裏切るも復縁を迫る?【芸能界、別れた二人の真相】

W浮気で略奪愛も…柴咲コウ、再び浮気連泊で妻夫木聡を裏切るも復縁を迫る?【芸能界、別れた二人の真相】

pic pic

柴咲コウ

 女優・柴咲コウ主演のドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の第3話が24日に放送された。世帯平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回放送から0.4ポイントを巻き返し、再び2桁台に復活した。同ドラマは、10歳の時に事故に遭い、25年間の眠りから目覚め「体は35歳、心は10歳」となった女性が主人公のストーリーだ。

 ​>>吉田羊、20歳離れた中島裕翔との“合鍵愛”は二つ返事で断ち切った? 仕事中に無念の涙か【芸能界、別れた二人の真相】<<​​​

 柴咲というと、1999年のCM・日本リーバ(現:ユニリーバ・ジャパン)「ポンズ・ダブルホワイト」の「ファンデーションは使ってません」という台詞で一躍脚光を浴びた。以後、00年公開の映画『バトル・ロワイアル』、01年の『GO』での演技が評価され、その年の映画賞を総なめに。03年公開の映画『黄泉がえり』では主題歌を担当し、同年1月に『月のしずく』をRUI名義で発表。13年には、全編英語による『47RONIN』のヒロイン役でハリウッド映画デビューを飾り、女優としての地位を築き上げた。

 多才な柴咲は、恋多き女としても知られるところだ。特に、ドラマ『危険なビーナス』(TBS系)で主演する俳優・妻夫木聡との交際は美男美女カップルとして親しまれていた。
 「2人の出会いは2004年放送のドラマ『オレンジデイズ』(同)での共演。当時、柴咲はDA PUMP・ISSAと、妻夫木は女優・優香とそれぞれ交際していたのですが、“浮気の末”の略奪愛だったといいます。交際後は順調で、06年の『女性セブン』(小学館)では、柴咲の誕生会に同席した父と談笑する妻夫木がキャッチされ、08年6月には福岡で妻夫木の親戚と観光旅行を楽しむ柴咲の姿が目撃されるなど、“結婚間近”といわれた間柄でした」(芸能ライター)

 また、2人は2007年1月公開の映画『どろろ』でW主演を務め、業界も熟知した交際であったことがうかがえる。
 ところが2008年12月、柴咲がUVERworldのボーカル・TAKUYA∞の自宅マンションに通い、連泊愛に及んでいると女性週刊誌に報じられたのだ。

 「TAKUYA∞宅から時間差で出てきた2人はその夜、再び合流して東京・六本木ヒルズでデートし、2夜連続で柴咲はお泊まりしていたよう。翌日は、神奈川・横浜みなとみらいでデートを楽しむと、3日目の晩は柴咲の自宅にTAKUYA∞が宿泊する親密ぶりが暴かれたのです」(前出・同)

 このとき、すでに妻夫木とは破局していたことが発覚している。
 「妻夫木は2009年放送のNHK大河ドラマ『天地人』で主演を務め、08年8月にクランクインを迎えています。多忙な撮影ですれ違いがあったといわれていますが、報道のタイミングや“前科”もあってのことからか、柴咲の浮気という形で世間的には捉えられたのです。ところが、女性関係が派手で有名なTAKUYA∞とはわずか1年ほどで破局を迎え、一部では未練タラタラの柴咲が妻夫木に復縁を迫ったという報道も。ですが、妻夫木との破局後以降も友人として交流し、『オレンジデイズ』のキャストが集結した“オレンジの会”にも出席していた2人の仲は良好だったという噂も」(芸能関係者)

 2014年8月、『日刊スポーツ』が妻夫木と女優・マイコとの熱愛をスクープ。だが、報道前の同月に公開された映画『喰女-クイメ-』で柴咲とマイコは共演していたのだ。同月、同映画の完成披露記者会見では、登壇予定だったマイコがドタキャン。柴咲との“姉妹ツーショット”とはならなかったものの、2人の複雑な関係を深く印象付けた。そして16年8月、妻夫木はマイコと結婚。19年12月には長男が誕生した。

 かつての恋人だった2人はこの秋、それぞれ出演するドラマが話題作として注目されている。気になる視聴率はどちらに軍配が上がるのか、ある意味興味深い。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ