search
とじる
トップ > スポーツ > オリックス増井が28日、5度目の先発「100球以上投げて来年に繋げたい」

オリックス増井が28日、5度目の先発「100球以上投げて来年に繋げたい」

pic pic

増井浩俊

 オリックスは、28日に大阪・京セラドーム大阪で行われる北海道日本ハムとの19回戦で予告先発が発表された、増井浩俊の登板前日囲み取材を行った。

 増井は9月3日の福岡ソフトバンク戦から、チーム事情と本人の不調も重なったこともあり、北海道日本ハム時代以来、4年振りに先発に転向。ここまで4試合に登板し、9月30日の埼玉西武戦で、4年振りに先発勝利を飾ると、10月11日の日本ハム戦でも勝ち投手となり、現在連勝中だ。

 調整期間中にファームで6回無失点の好投を見せていたが、「先発になってから、ある程度自分の投げたい球を投げられていたので、それを確かめるというか、出来るかなというところで、それを6回しっかり出来たので、継続していい状態を保ててるかなと思います」と登板間隔を開けているのが、本人にとってかなり効果がある様子。

 調整方法に関しても「しっかり間を取って投げさせてもらってるので、疲れも取りながら出来てるので」と特に変えていないという。前回は勝利投手になったものの、5回1/3でマウンドを降りているが、「前回は6回で捕まってしまったので、もっと長く投げられるように、7回ぐらいは投げられるように…ああいうピンチの場面で粘って行きたいなと思います」とリベンジを誓った。

 球数については「体も先発の体になってきたというか慣れてきたので、疲れも80球ぐらいの疲れは最初の頃と全然違うので、ホントにピンチさえ乗り切っていければ、もっと球数も投げられると思いますし、イニングも投げられると思うので、7回投げられるように、捕まったところでそのまま行かないように頑張りたい」と問題はないようだ。

 古巣、日本ハムとの対戦となるが、「1回、日本ハム戦に投げているので、相手も対策をして来ると思う。そこも加味しつつ、その裏をやれるようにキャッチャーと話し合いたい」と心理戦も含めて制したい思いを語っていた。

 「やっぱり80球ぐらいで代えられてしまうというのは、もし来年も先発で行くなら物足りないと思うので、100球以上投げられるというのを見せられたら来年に繋がると思うので、100球以上行けたらいいなと思います」

 来年に繋げるために課題はあるかという問いに、「来年も先発で行くなら」とひと言付け加えたところが、クローザーにこだわる増井らしい。まずは、先発としてしっかりとした結果をシーズン中に出したいところだろう。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ