search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 山口達也容疑者、家賃8万円生活もバイクは150万円? 以前の愛車よりグレードアップの謎

山口達也容疑者、家賃8万円生活もバイクは150万円? 以前の愛車よりグレードアップの謎

pic pic

山口達也

 元TOKIOの山口達也容疑者が、酒気帯び状態で乗用車への追突事故を起こし現行犯逮捕されたニュースは衝撃を与えた。山口容疑者が2018年に起こした強制わいせつ事件も、酩酊状態で起こしたものであり、酒絡みのトラブルを続けた山口容疑者に呆れる人々が多いようだ。

 ​>>坂上忍、山口達也容疑者の飲酒運転に「そこまで甘い世界ではない」 自身の酒酔い運転には触れず疑問の声<<​​​

 さらに、山口容疑者が乗っていたバイクが、1200ccの大型バイクのハーレーダビッドソンだったことも注目を集めている。このバイクは新車ならば、諸費用を入れれば約150万円、中古でも70~90万円ほどする。人気が高く、中古でも値崩れはしにくい。さらに燃費やメンテナンスも、ほかのバイクと比べてお金がかかると言われている。

 一部報道によれば、山口容疑者は事件後、都内の家賃7~8万円のワンルームマンションに住み、週に数日は寺で掃除などの作務のほか読経などを行い、自分を見つめ直していると伝えられてきた。5億円の自宅も売却されたが、ほとんどが元夫人と子供たちに渡ったと伝えられており、決して経済的に恵まれているわけではないだろう。それでも100万円クラスのバイクに乗っていたのは驚きだ。

 もともと山口容疑者は、『ガチンコ!』(TBS系)ではバイクのプロレーサーを養成する「ガチンコバリバリ伝説」で、出演者とガチ喧嘩を繰り広げるほど、バイク愛が強い人物として知られる。
 ハーレー以前も、事件を起こす前には、スズキのGSX-R1100が愛車としてテレビ番組で紹介されていた。こちらはスポーツタイプの人気モデルで、新車は125~135万円ほどだったが、中古は40~65万円ほどで取引されている。ハーレーに比べればリーズナブルと言えるだろうか。

 むしろ事件前よりも事件後の方が、バイクにお金をかけているようにも見える。ある程度お金に余裕があったのか、あるいは息抜きがそれくらいしかないからと無理をしてハーレーに乗っていたのかはわからない。ただ、今回の事件ですべてを無にしてしまったことだけは確かなようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ