search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 三浦春馬さんの事務所が“声明文”を発表した理由

三浦春馬さんの事務所が“声明文”を発表した理由

pic pic

三浦春馬さん

 7月18日に亡くなった俳優・三浦春馬さんの四十九日を迎えた9月4日、所属事務所・アミューズが現時点で把握している経緯や情報について公式サイトで公表した。
 同サイトでは、三浦さんが亡くなった当日について説明。午後から予定していた仕事に向かうためにマネジャーが約束の時間に自宅へ迎えに行ったものの、メールや電話に返事がなく、インターフォンにも反応がなかったため管理会社に連絡して鍵を開けて入ったところ、三浦さんはすでに意識のない状態だったという。

 >>三浦春馬さんの舞台、異例の事態で映像化あるか 出演したNHKドラマは残念な批判も<<

 その上で、「一部報道で『撮影現場に本人が現れないため、マネジャーが不審に思い自宅に確認に行った』と報じられておりますが、仕事の際にはマネジャーが送迎しておりますので、そのような事実はございません」とした。

 また、気になる遺書の存在については「警察の現場検証の結果、本人が日頃から役作りなど様々な思いを綴ったノートは自宅から発見されましたが、遺書はありませんでした」と改めて否定。さらに、遺族や友人のプライベートを詮索するような記事の掲載を控えるように要請した。
 「最近発売された一部のゴシップ系雑誌が、まるで三浦さんの遺書があったかのような記事を掲載。さすがに、そんな記事を読者やファンが信じ込んでしまってはまずいと思ったようで、四十九日ということもあり“声明文”を発表することになったようだ。とはいえ、これでファンや関係者もスッキリしたのでは」(芸能記者)

 そして、ネット上でDVD化を求める署名活動が行われている、三浦さんの主演ミュージカル「キンキーブーツ」に関しては、権利問題で全編の映像化はかなわなかったものの、後日、15分程度の特別映像を公開する予定であることを明かした。

 「お別れの会」は、新型コロナに配慮し年内に実施する予定だとか。いまだに多くの人に愛されている三浦さんだけに、1人でも多くの人が別れを告げられる方法で実施してもらいたいものだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ