search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『相棒』ドラマの新シーズン決定も、劇場版の新作問題が浮上?

『相棒』ドラマの新シーズン決定も、劇場版の新作問題が浮上?

pic pic

水谷豊

 俳優の水谷豊が主演するテレビ朝日系人気ドラマの新シーズン「相棒 season19」が、10月から放送されることを、各スポーツ紙が報じた。
 放送開始から20周年の節目となる今シリーズだが、各紙によると、新レギュラーとして、前シーズンの最終話に美人女将役で出演した森口瑤子が家庭料理店「こてまり」の女将・小出茉梨として出演。

 ​>>不倫スキャンダルの原田龍二、水谷豊に許され『相棒』に再登場できたワケ<<​​​

 森口は26日更新の自身のインスタグラムで出演を報告し喜びをつづった。
 「出演を終えてからだが、初代おかみの高樹沙耶は薬物で逮捕され、2代目の鈴木杏樹は不倫スキャンダルを起こし、ネット上では“女将の呪い”と言われていた。その点、森口は水谷とスペシャルドラマ『地方記者立花陽介』シリーズ(日本テレビ系)の共演経験もあり、既婚者なので2人のようにはならないだろう」(テレビ局関係者)

 水谷演じる杉下右京の相棒である、反町隆史扮する冠城亘とのコンビは今作で6シーズン目。
 各紙によると、反町は「(水谷と)撮影以外でもメールなどでやりとりをさせていただいて、たとえば子供の相談をしたりするのですが、いつも素敵なお返事をくださって、とても助かっているんですよ」と、公私ともに信頼関係があることを明かしている。
 「これまでの4人の相棒のうち、最長は初代・寺脇康文でシーズン1からシーズン7の途中まで。次のシリーズを“完走”すれば反町が最長になる」(芸能記者) 

 ドラマは新シーズンも安定した視聴率を記録しそうだが、そこで浮上するのが劇場版の新作問題だというのだ。
 「08年、10年、14年、17年にそれぞれ歴代の相棒が出演して劇場版を公開しているが、興行収入は44億円、32億円、21億円、19億円と回を重ねるごとにダウン。話が難解になっているということもあるが、本来なら次回作は新しい相棒で臨みたいところ。しかし、今の水谷さんと反町さんの関係だと、反町さんが初の劇場版続投となりそう。なので、製作サイドがよほどのストーリーを考えないと不発に終わるだろう。とはいえ、最終的なジャッジは水谷さんだが」(テレ朝関係者)

 とりあえず、コロナが収束するまで劇場版の製作はお預けになりそうだが…。 

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ