search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 草なぎ剛「フィット感がすごい」“アテントダンス”披露の新CMは『24時間テレビ』より放映、全13種類も!

草なぎ剛「フィット感がすごい」“アテントダンス”披露の新CMは『24時間テレビ』より放映、全13種類も!

pic pic

(c)アテント

 22日、23日の2日間、日本テレビ系列で放送される「24時間テレビ43『愛は地球を救う』」を皮切りに全国で放映される大人用紙おむつブランド「アテント」のTVCMに、草なぎ剛が出演する。

 ​>>元SMAPメンバーの“偶然”が重なり再結成に期待? 香取慎吾と木村拓哉のSNSに共通点か<<​​​

 幅広い世代に愛され、振る舞いや眼差しの飾らない優しさや誠実さから、草なぎの起用が決まったという。TVCMは全13篇、介護の社会化に関わる13のテーマで構成される。13本のCMは、撮影前に草なぎと企画打ち合わせし、草なぎ自身の高齢化社会やおむつへの想いを聞いてセリフに反映。台本どおりの言葉を話すのではなく、介護という課題や共生社会について一緒に考えていくプランナーとしてもCMに参加し、草なぎ自身として賛同できるメッセージだけを話したという。

 監督やプロデューサーをはじめとする制作チームも、“アテントのパンツ着用”という正装で臨んだ今回の収録。監督、スタッフとの顔合わせの際、そのことを草なぎに伝えると、「僕も今はいていますが、とっても快適です」「はいていること、忘れちゃう」「これでライブしてもいいかも?」と笑顔でコメントしたという。

 ​>>全ての写真を見る<<​​​

 CMの「パンツの歴史」篇の撮影中、即興で踊ってほしい、という監督の無茶振りにも、即、オリジナルの振り付けで応えたという草なぎ。監督が「さすが」と唸るほどチャーミングなダンスを披露してくれたため、急きょセリフがない踊りだけのカットを長回しにする展開も。さらには「何の踊りだ、これは?」と、アドリブで踊っている自分にツッコミを入れて、スタッフも大笑い。現場ではその直後、このダンスを「アテントダンス」と命名したという。踊りの最中も草なぎのはいているスリムなズボンに、浮き出るパンツの線は一切なしで、「フィット感がすごい」「はいているのか、はいていないのかわからないのがウリですもんね」「軽いな」「本当に(はいていることを)忘れちゃう」などと、リアルな感想を連発していたという。

 他にも愛犬について語るバージョン、長台詞バージョンなどバラエティ豊かな13本のCMは必見だ。

※「草なぎ剛」の「なぎ」は、弓ヘンに旧字体の前の下に刀

アテントキャンペーンサイト
elleair.jp/attento/talk/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ