search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 加藤浩次「ダメですよ」動画削除した吉本にも苦言 “自業自得”クラスターの相方・山本圭壱をバッサリ

加藤浩次「ダメですよ」動画削除した吉本にも苦言 “自業自得”クラスターの相方・山本圭壱をバッサリ

pic pic

加藤浩次

 極楽とんぼ・加藤浩次が、17日の『スッキリ』(日本テレビ系)で、新型コロナに感染した相方・山本圭壱に久々の激怒だ。先日、その山本を始め、ココリコ・遠藤章造、品川庄司・庄司智春、じゃぴょん桑折という、いわば「軍団山本」のメンバーが相次いで感染。その原因の可能性として、8日に1時間にわたって生配信された「軍団山本」の公式YouTubeチャンネルへの全員参加があったと言われている。

 ​>>『スッキリ』加藤浩次、コロナ報道で好感度アップ! 他番組のMCと大きく違うことは<<​​​

 「現在、動画は削除されていますが、生配信は 屋内で、テーブルを囲む形で行われました。序盤は全員でカメラの方向を見て、向き合わないようにしていますが、 それぞれ2mも離れていない近い距離。また、全員マスクはつけていませんでした。さらに、テーブルの上には何かを食べていたのでしょうか、お皿や飲み物が置かれています。そして、時間が進むにつれ、向き合って会話をする場面や、大声で歌を歌うシーンも増えていきます」(芸能ライター)
 
 感染した山本や、妻子もいる遠藤、庄司などメンバーは、なぜか全員示し合わせたように「感染予防対策が不完全な状態だった」とコメントしている。これは、口裏を合わせないと出て来ない言葉である。
 だが、そもそも、マスクもせず、ソーシャルディスタンスも空けず、何の対策もやっていないわけである。それに加藤が忖度なくキレた。彼は実際に動画を見たとしながら、「(まったく)感染対策はしてないんですよ。そこはダメだと思う。仲の良いメンバーですから、それが普通になってたかもしれないけれど、映像を撮る上で全く距離も取ってない。マスクもしてない。感染対策がYouTubeから全く見えなかった」「彼らダメだと思う」とバッサリ。
 
 同時に、今度は彼の怒りは吉本に向く。というのは、動画を管理していた吉本興業が、先週土曜日までに当該動画を非公開としたのだ。 理由について『スッキリ』が取材すると、「あまりにも常識から逸脱していたので、非公開の指示を出した」と回答している。
 だが、加藤は「これも僕は、えっ?と思う。ダメだと思う。こういうクラスターになるんだと世の中にしっかり伝えるためにも、このYouTubeの画像は吉本は削除してはいけなかったんじゃないかと思う」と容赦なくクレームを吐いたのだ。これでは「隠ぺい」と取られてもおかしくない。

 こうした加藤の忖度なくキレる態度に、SNSでは「さすがエージェント契約」「ど正論」「ハッキリさせてくれて良かった」などと称賛されている。いずれにしても、芸人にしても会社にしても、闇営業騒動からその甘さは何も変わっていないことが分かった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ