search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「吉本のガイドラインを守っていない芸人がいる」宇治原が軍団山本のYouTubeを批判していた?

「吉本のガイドラインを守っていない芸人がいる」宇治原が軍団山本のYouTubeを批判していた?

pic pic

極楽とんぼ・山本圭壱

 吉本興業に所属するお笑いタレント、極楽とんぼ・山本圭壱、ココリコ・遠藤章造、品川庄司・庄司智春、じゃぴょん桑折が相次いで新型コロナウイルスに感染。山本や遠藤らが“感染対策を怠った”としてSNSで謝罪した。

 ​>>石田純一をヒロミ、坂上が擁護? テレビでよく見られる身内びいきは「内集団バイアス」心理か<<​​​

 彼らは先日、山本が中心となって活動しているYouTubeチャンネル『軍団山本チャンネル』にて生配信を行っている。その際、テーブルを囲んでマスクをせずにトークをしたり、仕切りも用意されていなかったりと確かに感染対策をしていない状況であった。現在、その動画は非公開となっている。

 「実は、軍団山本とは名指ししていないものの、高学歴お笑いコンビ・ロザン(‎菅広文、宇治原史規)が自身のYouTubeチャンネルで、『吉本のYouTube撮影のガイドラインを守っていない芸人がいる』とのタイトルの動画を10日にアップしていたんです。動画では、吉本芸人のYouTubeの撮影方法について苦言。吉本には、しっかりとしたガイドラインがあるものの、宇治原は『全然、守ってへん人がおるぞ』『呆れている。ガッカリ』と語っていました。さらに、ガイドラインを守っていない動画は『ルール違反をしている飲食店と同じ』『(ルールを守っていない中で)撮影したものは破棄せなアカン』と話していましたね」(芸能ライター)

 コロナ禍ということもあって、YouTubeに本腰を入れている芸人も多いが、宇治原が言うように、コロナ前のように飛沫がかかる距離でトークをしたり、企画を行ったりしているケースも散見される。
 「距離を取ると企画がやりにくい、さらにマスクをすると表情が見えなかったり、声がこもったりと、お笑いとしては致命傷です。しかし、今回のようなことが起きてしまうと、さらにガイドラインは厳しくなるでしょうし、最悪チャンネルを閉鎖してしまうこともあり得ます。YouTubeを収入源の一つとして考えている若手は戦々恐々としていることでしょう」(同上)

 『軍団山本』の生配信がクラスター発生場所だと完全特定はできないが、ロザンのように“当たり前”の対策をしていれば、今回のことは起こらなかったのかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ