search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『ガキ使』リモート企画、霜降りせいやの自宅に「あの椅子はまさか…」 視聴者がヒヤヒヤ?

『ガキ使』リモート企画、霜降りせいやの自宅に「あの椅子はまさか…」 視聴者がヒヤヒヤ?

pic pic

霜降り明星・せいや

 6月28日に放送された日本テレビ系のバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で放送された名物企画「ハイテンションザ・ベストテン」の内容が話題になっている。

 「ハイテンションザ・ベストテン」は昭和の歌番組『ザ・ベストテン』のパロディ企画で、ガキ使メンバーをはじめとした芸人がハイテンションで奇声を放つ芸を披露するというもの。

 ​>>霜降り・せいや、“下半身スキャンダル”発覚も同情の声が多数?「ハニートラップ」の真相は<<​​​

 いつもは日本テレビのスタジオで収録しているが、今回は新型コロナウイルスの影響でスタジオ収録ができず。芸人がそれぞれ、事前に自宅でハイテンション芸を撮影し編集するというかなり変則的な企画となった。
 そのなかで最も注目を集めたのが、先日ウェブ会議サービス「Zoom」を使い既婚女性に「リモートセクハラ」を行ったと週刊文春に報じられた霜降り明星・せいやだった。

 今回の放送では、せいやの「Zoomセクハラ疑惑」については一切触れられなかったが、放送では、せいやの自宅がクリアな映像で流れていた。ネットでは、噂の現場となった部屋の模様に、せいやのハイテンション芸そっちのけで注目が集まり「文春報道で出てた椅子じゃん!」「部屋においてある私物が気になって集中できない」といった声が相次いでいた。

 また、せいやは上半身裸で芸を披露した。ネットでは「下も裸にならないかヒヤヒヤした」「生々しくて笑えない」といった声が相次いだ。
 せいやの文春報道は6月18日。今回のVTRは騒動前に収録されたものと思われるが、期せずしてタイムリーなハイテンション芸となったようだ。

 なお、今回のリモート版のハイテンション芸は、各芸人の自宅で収録されたもののため、近隣住民から苦情が来ないよう、いつもより声を抑え目にして収録したり家族に動画を撮ってもらうなど、いかにも『ガキ使』らしい芸人のリアルな苦悩が垣間見える企画だった。ネットでも「新鮮でおもしろかった」という声も多かったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ