search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 石橋貴明のYouTube、100万回再生突破! 成功は後輩芸人のおかげ? 懐かしいやり取りも健在

石橋貴明のYouTube、100万回再生突破! 成功は後輩芸人のおかげ? 懐かしいやり取りも健在

pic pic

とんねるず・石橋貴明

 とんねるずの石橋貴明が19日にYouTube『貴ちゃんねるず』を始動。「タカさんが興味あることを全てノリでやっちゃうチャンネル『貴ちゃんねるず』タカさんと、YouTubeで遊ぼう。」というテーマのもと、現在2本の動画をアップしている。25日現在でチャンネル登録者数37万人以上。動画に関しても、2本ともに100万回再生を突破した。ヒットした要因はどんなところにあるのだろうか?

 ​>>「逆3密」でスロートーク路線に切り替えた石橋<<​​​

 「石橋はYouTubeを始める前、おぎやはぎがパーソナリティーを務めるTBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』へゲリラ的に出演しました。この出演がネットニュースとなり、大きなチャンスに。当日夜に1本目の動画がアップされたスピード感、さらに有吉弘行がTwitterで触れたことなども大きな話題となりました。また、現在のお笑い界は優しいツッコミが流行していますが、石橋のような台本を嫌うパワープレイな笑いを欲している人は多いんです。最近は地上波では見かけない手法ですから、余計に際立ったのでしょう」(芸能ライター)

 石橋は、スポーツ分野において造詣が深く、これまで多くの有名アスリートと番組で絡んだ実績もある。そのため、今後大物ゲストをチャンネルに呼ぶ可能性は高い。お笑いファン以外にも、スポーツファンからの支持も得られそうだ。しかし、気を付けなければならないこともあるという。

 「今回の仕掛け人は、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で演出を担当していたマッコイ斎藤さんです。彼をYouTubeの世界に連れて行った功績は大きいですが、懸念されることもあります。マッコイさんが石橋の話し相手となり、ツッコミや進行のような役割を担うことがあるのですが、あまり出過ぎると、視聴者から反感を食らってしまう可能性が高いのです。雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeでも、初期のころスタッフの1人が多く出演する時期があり、バッシングを受けていました」(同上)

 彼らは番組で絡んでいたこともあり、今のところ「マッコイはいらないけど貴さん最高でした」「貴さん好きだけどマッコイ嫌い」など批判的な意見はあるものの、大半は「適度な緩さが面白い」「石橋貴明のYouTube面白いな」「石橋貴明とマッコイの安定感いいな」と応援するコメントばかり。こうして、とんねるずファンならおなじみのやりとりでも、マッコイ氏を知らない人にとっては不快に感じる可能性があるというのだ。

 テレビのやり方でYouTubeに進出し失敗するケースもあるが、果たして石橋は成功できるのか?  

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ