search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ブレイク前の嵐・二宮がジャニーさんに推薦されたワケ 激怒された過去も?

ブレイク前の嵐・二宮がジャニーさんに推薦されたワケ 激怒された過去も?

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズ事務所初のハリウッド俳優といえば、嵐の二宮和也だ。06年に公開された映画「硫黄島からの手紙」は、“奇才”クリント・イーストウッド監督が動画で二宮が受けたオーディションを見て、「こんなにやる気のない子も珍しい。ぴったりだよ、この役に」と仰天合格させたデビュー作だ。同作で二宮は、本来の予定だった清水洋一陸軍上等兵ではなく、急きょ「まったくやる気のない」西郷昇陸軍一等兵の役にされ、年齢設定も40代から30代に引き下げられた。清水上等兵は、加瀬亮が演じることになった。

​ 一流監督の心も掌握した“天才”二宮。16年には、吉永小百合主演で山田洋次監督の映画「母と暮せば」で、日本アカデミー賞主演男優賞を獲得。ジャニーズではV6・岡田准一に続いて2人目の快挙だった。
​ 天賦の才をいち早く見抜いていたのは当然、故・ジャニー喜多川元社長。それも、20年ほど前の時点で着目していたというから、審美眼には恐れ入る。アイドル誌の編集者は言う。
​ 「TBSで数多くの大ヒットドラマを手掛けた制作プロデューサーがいるのですが、およそ20年前、大学生役のオーディションがあるとジャニーさんに連絡を入れました。当日、連れて来られたのは20人近い小・中学生のジャニーズJr.たち。結果はもちろん、全員不合格です。このとき、『誰がよかった?』と聞かれたプロデューサーは、2人の名前を挙げました。すると、『分かってないなぁ。将来伸びるのはこの2人だよ』と指されたのが滝沢秀明さん(ジャニーズ事務所副社長)と二宮さんでした」
​ そのプロデューサーは貴島誠一郎氏。“冬彦さんブーム”を巻き起こした「ずっとあなたが好きだった」や「ダブル・キッチン」、「誰にも言えない」や「愛していると言ってくれ」ほか、代表作が多い。山口智子や常盤貴子、松嶋菜々子や矢田亜希子ほか、多くのベテラン女優たちの出世作を手掛けたことでも知られる。

​ 同氏に打ち明けていたジャニーさんの“ニノ愛”。二宮本人はそんなことなどつゆ知らず、高校生時代には、歴代ジャニーズタレントが獲ってきたドラマグランプリ新人賞の連勝記録をストップさせてしまい、「なんでジャニーズなのに人気ないんだよ!」と激怒されている。また、「硫黄島からの手紙」の役のために丸坊主にしたときは、歌番組の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、「YOUは出なくていいからMC席にいなさい」と阻止されている。

​ 10代、20代のころには伝えられなかった“父親”からの愛。30代も後半に差しかかり、失った今は、二宮の心に強く深く刻まれているに違いない。
(伊藤由華)

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ