search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 延期になった嵐の新国立公演、中止の可能性も? 対応の遅さに批判の声も

延期になった嵐の新国立公演、中止の可能性も? 対応の遅さに批判の声も

pic pic

画像はイメージです

 5月15日、16日に新国立競技場で開催を予定していた人気グループ「嵐」のコンサート「アラフェス 2020 at 国立競技場」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となることが14日、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表された。

 振替日程については、「決定次第、お知らせいたします」としており、事実上未定。しかし、嵐は今年いっぱいでの活動休止を発表しており、年内での振替開催を検討していくものとみられるが、この時期の発表に対し、不満の声を上げるファンも少なからずいた。

 「コンサートのチケットの申し込み締め切りは3月末。今月16日に当選発表が行われるため、そこまでに何らかの発表があるかと思われていたが、まさかの2日前。そのため、ネット上では、賢明な判断を支持する声が上がった一方、対応の遅さを批難する声が多く上がった」(レコード会社関係者)

 嵐は外出自粛中の全国のファンのために、11日から公式YouTubeチャンネルで5大ドームツアーのライブ映像を期間限定で無料公開中。公演延期となったことに対するせめてものお詫びとなったが、ジャニーズとしてはぜひとも開催にこぎ着けたいところだ。

 「開催延期のままだと、チケットの払戻などをしなくてもいいが、中止になった場合、2日で動員する見込みの約16万人への払戻を莫大な時間をかけて作業しなければいけない。さらには、莫大な利益を見込んでいた会場での公式グッズ販売の利益が吹っ飛んでしまう」(芸能記者)

 とはいえ、現状開催できるかどうか楽観視していられないというのだ。
 「年内にコロナが収束しているという保証はどこにもない。一度、収束しても、自粛ムードが続くだろうから、多くの観客を集める新国立の公演には、関係各所も尻込みするのでは」(同)

 ラスト公演がないまま、活動休止に突入する可能性もありそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ