search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 嵐、5人主演映画の制作中止が発覚も大サプライズの可能性が浮上

嵐、5人主演映画の制作中止が発覚も大サプライズの可能性が浮上

pic pic

画像はイメージです

 嵐の5人が出演する映画「ピカ☆ンチ」の4作目が、デビュー20周年を迎えた昨年までに製作が予定されていたが、撮影が中止になっていたことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。
 「ピカ☆ンチ」は02年に第1作が公開され、最新作はデビュー15周年にあたる14年の第3作で、いずれも堤幸彦監督がメガホンをとっていた。

 同誌によると、当初は17年から18年にかけて撮影や編集を行い、嵐がデビュー20周年を迎える19年に公開するというスケジュール。しかし、ジャニーズ事務所から製作サイドに対し、「(昨年の)4月から始まるアニバーサリーツアーで、5人のスケジュールを調整するのが難しいから、撮影を延期してもらえないか」という要請が。

 さらに、昨年1月末には、嵐が20年末で活動を休止すると発表するなどしているうちに、いつの間にか撮影が中止になってしまったというのだ。
 「製作サイドは活動休止について寝耳に水。にもかかわらず、メンバーたちは発表に向けて準備を進めていた。昨年、メンバーの二宮和也が1人“抜け駆け”で結婚したことによって、メンバー間に確執が生じてしまったこともあり、もはや、レギュラー番組や決まっているコンサート以外の仕事をこなすのは難しい状態。映画はこのままお蔵入りになりそうだ」(映画業界関係者)

 当初、発表していた、年内での活動休止に向け着々と“カウントダウン”が進んでいるが、新型コロナウウイルスの感染拡大予防の影響により、ファンにうれしいお知らせがあるかもしれないというのだ。
 「コロナの影響で軒並み公演が中止になり、嵐も春に予定していた中国・北京での公演を中止に。このままだと、5月に予定されている新国立競技場でのコンサートも中止や延期になる可能性は十分にある。ただし、延期の場合、来年に新国立公演の日だけメンバーが再結成して行うという計画もありそうだ」(芸能記者)

 このままコロナ騒動が収束しなければ、嵐の活動期間の“延長”がありそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ