search
とじる
トップ > ミステリー > 40年経って目撃証言が復活 奇妙なUMAオウルマン

40年経って目撃証言が復活 奇妙なUMAオウルマン

pic pic

画像はイメージです

 イングランド南部には、奇妙な生物オウルマン(またはコーニッシュ・オウルマン)の目撃報告が存在している。
 オウルマンは、1976年にコーンウォール州のモウナンの村で最初に目撃されたもので、4月17日に12歳と9歳の姉妹が村の教会の上空を飛ぶ謎の生物を発見したことに始まる。初めは大きな鳥かと思ったそうだが、よく見るとまるで腕の部分が大きな翼になった人間らしき姿をしていたという。

 同年7月3日には、森でキャンプをしていた2人の少女が同時に目撃。彼女たちの証言によれば、オウルマンは体長2メートルほど、体は人間に似ているが足には黒く大きなカギヅメがあり、顔はフクロウに似てとがった耳を持ち、赤く光る大きな目に黒いくちばしをしていた。また、羽根の色は灰色だった。
 オウルマンは、その2年後の1978年8月に、16歳の少女に目撃されたのを最後に姿を消していたが、40年以上経った現在になって目撃証言が復活している。

 スミス村の墓地で目撃された事例では、奇妙な角と大きな翼を備えた人影が目撃され動画での撮影もなされている。この時、撮影された動画はYouTube上にアップロードされており、確かに背中?に大きな翼を生やしたような人影がぼんやりと映っているが、本当にオウルマンなのか断定はできないものとなっている。
 その後も、この地域ではオウルマンらしき生物の目撃証言が散発的に寄せられているそうなのだが、オウルマンのような生物が実在する可能性はあるのだろうか。

 一部の懐疑主義者からは、1976年の目撃情報を調査した超常現象研究者のトニー "ドック"シールズ氏の影響で誇張された可能性がある、という意見が出てきている。また、他の学者や研究者からは、翼幅が最大6フィートもあるワシフクロウの誤認である可能性も出ている。
 しかし、オウルマンの目撃証言は今も度々報告されており、オウルマンの話も今や地元の文化にしっかりと定着しているため、いくら当初の目撃証言が疑わしかろうと、伝説が地元に根付いて語り継がれていく可能性があるとのこと。伝説の定着に基づいて、オウルマンの目撃情報は今後も出てくるだろうと目されている。
(山口敏太郎)

関連記事

タグから探す


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ