search
とじる
トップ > 芸能ニュース > カンニング竹山、コロナ検査「した方が良いけど治療法がない」で賛否 古市氏も同様の発言?

カンニング竹山、コロナ検査「した方が良いけど治療法がない」で賛否 古市氏も同様の発言?

pic pic

カンニング竹山

 26日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でのカンニング竹山のある発言が波紋を広げている。

 問題となっているのは、新型コロナウイルスについて特集していた際の一幕。各地のイベントに感染者が参加していたことが判明し、感染が相次ぐ北海道では、鈴木直道知事が全公立の小中学校に臨時休校を要請するなどしているが、そんな中で竹山は「1回(中国からの入国者を)止めてどれくらい確認が広がってるか把握しなきゃいけないんですよ」と持論を展開。これにMCの安藤優子アナウンサーが「検査しないからですよね」と相槌を打ったものの、竹山は「PCR検査をした方がいいんだけど、したところで治療の方法がないんですよ」と発言。対処療法しかない現状を嘆いた。

 竹山のこの発言には、「その通りだと思う!」「検査してもしなくても具合悪いならやること変わらないよね」「どっちにしても熱出たら家で過ごすしかないもんね」という賛同の声や、「治療法なくても自宅待機を徹底することはできるでしょ…」「治療できれば病院たらい回しにされて菌ばら撒くとかもなくなるんだけど」「自分の治療のことだけで、人にうつさないようにという配慮がないのでは」という疑問の声が集まっていた。

 「また、同日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)でも社会学者の古市憲寿氏が『検査を受けても新型コロナウイルスは特効薬もないわけですし、基本的に自宅で安静、重篤化したら病院に行くっていうわけで、検査結果がどうであれ、対応は変わらない』と竹山と同様の趣旨の発言をしていました。そこでも「自分が感染源となる」という視点が抜けていることを指摘されていましたが、これらの発言は政府が打ち出した『重症者向けの医療体制を確保するため、症状が軽い人には自宅療養を求める』『ウイルス検査の対象は入院を要する肺炎患者に限定する』という基本方針と矛盾していないものの、ネットでは賛否を呼んでいる状態。ネットでも意見が分かれているように、コメンテーターたちの発言の方向性も変わりつつあるようです」(芸能ライター)

 新型コロナによりさまざまな混乱が広がっているが、ワイドショー出演者たちの発言も同様に方向が分かれ始めているようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ