search
とじる
トップ > 社会 > 強盗に首を絞められ強姦されそうになった女性「コロナウイルスに感染している」と嘘をつき、強盗は逃げ出す

強盗に首を絞められ強姦されそうになった女性「コロナウイルスに感染している」と嘘をつき、強盗は逃げ出す

pic pic

画像はイメージです

 国内外で、コロナウイルスへの恐怖が広がっているが、海外ではコロナウイルスに感染したふりをすることで強盗の暴力から逃れた人がいる。
 中国・北京市で、25歳の男が女性を襲うも、女性がコロナウイルスに感染したふりをして男を追い払ったと海外ニュースサイト『METRO』と『Daily Mail Online』が2月4日に報じた。報道によると、1月31日、男が女性の家に押し入ったという。家には女性一人だった。

 男が家に押し入った時、女性は寝ていたが、物音に気付いて目を覚まし、男の姿を見て大声を出した。男は女性の口を押さえ、首を絞めて強姦しようとした。女性は首を絞められながら咳をするふりをして「私は武漢から帰ってきたばかりで、すでにコロナウイルスに感染している。だから自宅にいて隔離されている」と言ったという。

 男は女性の話を聞いて怯え、近くのテーブルの上にあった3080元(約4万8000円)相当のスマートフォンと現金80元(約1200円)を手に取り逃げた。女性が警察に通報したことで事件が発覚。警察は捜査を進めていたが、2月3日、男は父親に付き添われて自首したという。

 警察によると男は「家族とけんかをして家を追い出されたが、お金がなかったので、強盗してお金を盗もうと思った」と供述しているという。男は現在、警察に身柄を拘束されている。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「女性の機転は素晴らしい。コロナウイルスに感染したふりをしなければ強姦されていたかも」「女性が無事でよかったけど、コロナウイルスに感染したふりをするのは少し不謹慎」「強盗もコロナウイルスは怖かったのか。自分も感染したのではないかと恐れて自首したのかも」などの声が挙がっていた。

 海外では、コロナウイルスに関連した事件が他にも起きている。

 シンガポールで、コロナウイルスに対する恐怖を利用したハッキング被害が発生していると、海外ニュースサイト『The Straits Times』が2月1日に報じた。同記事によると、ハッカーは保健所や福祉サービス局を装ってコロナウイルスへの注意喚起のメールを送っているという。

 メールにはファイルが添付されており、ファイルを開くとデバイスがコンピュータウイルスに感染して、個人情報を抜き取られる可能性があるという。現在までに、何台のコンピュータが感染したかなど、被害の大きさは分かっていない。シンガポール当局は、疑わしいメールのリンクをクリックしないように注意喚起をしている。

 世界的に猛威を振るい、いまだに収束に至らないコロナウイルス。感染以外にも思わぬ余波を呼んでいるようだ。

記事内の引用について
「Woman scared off rapist by coughing and saying she was from Wuha」(METRO)より
https://metro.co.uk/2020/02/04/woman-scared-off-rapist-coughing-saying-wuhan-12182119/
「Chinese woman scares away attempted rapist during coronavirus outbreak by pretending to cough and telling him she is from Wuhan」(Daily Mail Online)より
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7965123/Woman-scares-away-wannabe-rapist-telling-Wuhan-coronavirus-outbreak.html
「Wuhan virus: Hackers exploiting fear of bug to target computers, gadgets」(The Straits Times)より
https://www.straitstimes.com/tech/wuhan-virus-hackers-exploiting-fear-of-bug-to-target-computers-gadgets

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ