search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「キングオブコント」最多出場芸人、THE MANZAI優勝者が世界規模になっていた

「キングオブコント」最多出場芸人、THE MANZAI優勝者が世界規模になっていた

pic pic

さらば青春の光・森田哲矢

 SNS発のタレントがメディアを席巻中だ。YouTube芸人のフワちゃんは、地上波バラエティに引っ張りダコ。「カジサック」ことキングコング・梶原雄太は、YouTube公式チャンネルの登録者数が100万人を突破。キンコンと同じく、地上波露出が控えめになったオリエンタルラジオ・中田敦彦は、教育系ウェブ動画が好評を博している。

 “インスタの女王”渡辺直美は、世界を股にかけて躍動中。そんな“次世代の直美”になるべく、昨年世界で名をはせた芸人がいた。

 思わぬ形で名前が知れ渡ることになったのは、ピン芸人・チェリー吉武。雑誌「ニューズウィーク日本版」の名企画「世界が尊敬する日本人100人」に選出されたのだ。19年4月に発売された日本版には、先の渡辺(芸人)、大坂なおみ(テニスプレイヤー)、本田圭佑(サッカー選手)、イチロー(元野球選手)、羽生結弦(フォギュアスケーター)、是枝裕和(映画監督)、野沢雅子(声優)、草間彌生(前衛芸術家)、キズナアイ(バーチャルYouTuber)といった面々が掲載された。
 チェリーは、「1分間に尻でクルミを割った数」の最多記録をはじめ、多くのギネス世界記録を持つ。“日本人100人”の中では群を抜いて知名度が低いが、偉業は称えられる。ちなみに、妻は同じく芸人の白鳥久美子(たんぽぽ)だ。

 世界一の称号を手中に収めるべく、日本代表まで進んだのは、さらば青春の光・森田哲矢。昨年、フィンランド発祥のスポーツ・モルックの日本代表選手になった。
 モルックと呼ばれる木の棒を投げ、3〜4m先に並べられた12本の木製のピンを倒すスポーツ。競技人口は世界で3万人程度。国内では1,000人ほど。プロアマの境界線があいまいで、森田は20人の日本人選手から選出されてもピンとこなかったという。そのせいか、効力もイマイチなかったようだ。国内では、「キングオブコント」史上最多6度のファイナリストという方が浸透している。

 漫才最強を決める「THE MANZAI 2013」の優勝コンビ・ウーマンラッシュアワー。表舞台から姿を消したボケの村本大輔は、40歳の節目となる今年11月をめどに、活動拠点を日本からアメリカに移す予定だという。
 17年夏に、米国ロサンゼルスで人生初のホームステイ留学。小学生レベルの語学に愕然としたが、翌18年にはコメディークラブのステージに立ち、英語でネタを披露できるまでに成長。今はスタンダップコメディアンの肩書を得て、ニューヨークのアポロ・シアターの舞台にも立つ。

 ギネス芸人のみならず、コント師も漫才覇者も“世界が尊敬する日本人”に値する。SNSという最強ルーツを武器に、今年はさらに偉才が国外流出しそうだ。
(伊藤由華)

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ