search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 新たなブレーク芸人のフワちゃん、「あざとい」の声も? 今年が勝負の年か

新たなブレーク芸人のフワちゃん、「あざとい」の声も? 今年が勝負の年か

pic pic

フワちゃん

 今話題の芸人と言えば、フワちゃんが挙げられるだろう。芸人とYouTuberを兼ねる次世代の芸人である。数々の若手芸人が登場する『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)においては、今年の運勢ナンバーワン芸人にも選ばれ、話題となった。フワちゃんは、EXITの兼近大樹などと親交があり、指原莉乃を始め、芸能界にもファンが多いことで知られる。

 ただ、そのとにかく落ち着きのないキャラクターに、賛否両論があるのは確かである。ネット上では「フワちゃん、かわいい」「頑張ってる感じがいいね」といった肯定的な声がある一方で、「なんだか無理している感じがしてイヤだ」「りんごちゃんに同じく業界ゴリ押し系の芸人では」といった否定的な声も聞かれる。

 フワちゃんは、もともとワタナベエンターテインメントの芸人養成所であるワタナベコメディスクール出身である。当初は普通にネタを披露していたが、その分野が得意でなかったため、インスタグラムにおける画像加工や、YouTuber的なパフォーマンスに特化した芸人活動を始めた。自由に活動をするために事務所を辞め、現在はフリーで活動している。

 その場のノリによる一発芸的な要素も強いため、フワちゃんを苦手とするお笑いファンも多いようだ。「面白いというよりは単に落ち着きのない失礼でチャラい人だよね」「すぐに消えそうな感じがする」といった声も聞かれる。実際、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、ダウンタウンの松本人志にタメ口で挑んでいった。芸人の上下関係の外側にいる存在なのかもしれない。

 こうしたフワちゃんの芸は、実はすべて計算ずくという説もある。確かに、YouTubeチャンネルは、編集のテンポや字幕の出し方やフォントなどが、かなり凝ったものである。そうした部分が、「あざとい」と見る声も生じそうだ。

 女芸人業界は、ピュアすぎるキャラクターで売り出されるも、いまいちブレークしなかったいかちゃんの例もある。男社会の芸人の世界において、個性派の女芸人は目立ちやすい。ただ、その分消費スピードが早いのも事実であろう。フワちゃんが今後生き残れるのかは、今年の活躍に懸かっているとも言えそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ