search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 現実味が増してきたキムタクのハリウッドデビュー

現実味が増してきたキムタクのハリウッドデビュー

 昨年末に解散した国民的グループ、SMAP。元メンバーが今後、どんな活動をしていくのか、注目が集まっている。そんな中、今後の活動がもっともピンチだとされているのが、キムタクこと木村拓哉だ。

 SMAPの解散は、昨年1月に一部スポーツ紙の報道により騒動が勃発。SMAPの構図は終始、キムタクとそのほかのメンバーというものであった。そのため、キムタクは、ひとりだけ悪者と見られることが多く、世間から猛バッシングを受けることになった。これまで彼が築いてきたキムタクブランドは音をたてて崩れる結果となった。

 また、“キムタク演技”とも揶揄される彼の演技力も不評だ。新ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS)の視聴率は決して悪くないもののキムタク自体の評価は最悪。この“キムタク演技”からの脱却ができなければ、今後、俳優として成功することは厳しいと言われている。

 ただ、今回の騒動で終始、事務所側に立ったキムタクを何とかしてあげたいと所属事務所は考えているようだ。そこで、起死回生の方法として事務所が動いているのが、キムタクのハリウッド進出である。

 そもそも、キムタクは本木雅弘を俳優として非常に尊敬しており、親交もある。アカデミー賞のレッドカーペットも歩いた本木のように、キムタクもやがては世界を舞台にしたいという希望がある。今回の騒動でイメージダウンしたことで、このまま日本で活動しても、かつてのような輝きを取り戻すことが難しい。ならば、海外から逆輸入される形にしたいと事務所は考えているようだ。

 本格的に世界的な俳優を目指すキムタクから目が離せない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ