search
とじる
トップ > ミステリー > 猿飛佐助は実在したのか?真田十勇士都市伝説

猿飛佐助は実在したのか?真田十勇士都市伝説

pic pic

画像はイメージです

 かの天下人・徳川家康が戦場で煮え湯を飲まされた武将は2人いる。猛将・武田信玄と知将・真田昌幸である。真田家の居城である上田城は、真田昌幸によって造られた名城ではあるが、関が原の合戦の前哨戦において、この上田城の攻防戦が徳川家と真田家の決戦の舞台となった。少ない手勢で策を駆使した真田勢は徳川勢を散々に打ち破り、徳川秀忠の軍を関が原に遅参させるという大打撃を与えている。

 さて、真田幸村と言えば出てくるのが彼の側に控えていた真田十勇士だ。猿飛佐助を筆頭とする十人の家臣たちだが、彼らの実在には疑問符がつくという。十勇士の原型は、江戸時代中期の軍記物や絵本の『真田三代記』に見られるが、この名前で呼ばれるようになるのは明治・大正期の立川文庫から。モデルになった人物はいるのだろうが、主君のために超人的な働きを見せた十勇士は架空の存在だったとする見方が強いのである。

 なお、猿飛佐助は木下藤吉郎の家来・猿飛仁助の子孫という説や、下柘植ノ木猿こと上月佐助がモデルとなったとされており、霧隠才蔵は真田家の家臣・霧隠鹿右衛門がモデルと言われている。破戒僧で人気のあった三好清海入道、伊三入道の兄弟も実在するが、清海入道のモデル三好政康は豊臣家の家臣であり、伊三入道のモデルである三好政勝にいたっては徳川勢に加わっていた。

 由利鎌之介と火縄銃の名手・筧十蔵は、江戸時代中期の小説『真田三代記』に名前があるため、モデルとなった人物がいる可能性が高いが裏は取れていない。穴山小助に関しては真田家の家臣に穴山と名乗る人物がおり、海野、根津、望月の3人も真田家の縁戚に当たる滋野三家という一族。真田勢に同じ姓を名乗る人物が多々見られたため、ここからきている可能性が高いという。

(山口敏太郎)

関連記事


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ