search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 続編望む声も 『白衣の戦士』、“パクリドラマ”の悪評をはねのけ視聴率が回復したワケ

続編望む声も 『白衣の戦士』、“パクリドラマ”の悪評をはねのけ視聴率が回復したワケ

pic pic

中条あやみ

 水曜ドラマ『白衣の戦士』(日本テレビ系)の最終回が19日に放送され、平均視聴率が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。前話からは1.0ポイントのアップ。全話平均視聴率は8.7%となった。

 最終回は、ついにはるか(中条あやみ)と斎藤(小瀧望)が付き合うことになり、夏美(水川あさみ)と本城(沢村一樹)も家で一晩一緒に過ごすなど、交際は順調。一方、病院には都議会議員の五十嵐(東幹久)が入院してくるものの、糖尿病を患っているにも関わらず、甘いもの好きではるかと夏美は手を焼き――というストーリーが描かれた。

「放送開始当初は、中条あやみの拙い演技や、過剰なコメディ感など、視聴者から批判され続け、視聴率も右肩下がりに下がっていった本作ですが、7話を契機に視聴率もV回復し、それに比例するように『見てて疲れなくていい』『週の真ん中に観るドラマとしてちょうどいい』という声が聞かれるように。当初、比較されていたナースコメディドラマの代表格『ナースのお仕事』(フジテレビ系)と比べる声も少なくなり、評判上々のまま最終回を終えることができたようです」(ドラマライター)

 また、最終回放送後も「なんだかんだで癒し系ドラマだった」「最終回も分かりやすく楽しめた。このくらいほっこりするドラマもあってもいいと思う」という好意的な声が聞かれている。

「最終回冒頭では、はるかが斎藤に下の名前で呼ぶよう頼んだものの、斎藤は照れて呼べず。しかし、終盤で斎藤がさらっと『はるか』と呼び、はるかが大喜びしてはしゃぐシーンがありました。ドラマ的にはベタではあるものの、このカップリングに対する視聴者からの評判が高かったこともあり、『お約束展開だけどそれが良かった!』『最後まで平和で面白かった』『ふたりがいちゃいちゃしてるところ見ると本当に幸せになれる』という絶賛の声が殺到。癒し要素もあるナースコメディとして好評だったようです」(同)

 ほっこりとしたストーリーに、「続編作ってほしい」「続編あったら多分見ちゃうと思う」と、続編を望む声も多く寄せられていた。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ