search
とじる
トップ > トレンド > 「むさぼる」第5弾上映会はボディーペインティングと“共艶”

「むさぼる」第5弾上映会はボディーペインティングと“共艶”

 桃太郎映像出版から毎月リリースされる「むさぼる」シリーズ。7月7日発売の『むさぼる伍』の発売を記念して5日に東京・阿佐ヶ谷の「ザムザ阿佐ヶ谷」で先行上映会が行われた。1作目から連続となる劇場公開の第5回目で、200インチスクリーンの大迫力で最新作を鑑賞するイベントとなっているが、この鑑賞会にいまや欠かすことができなくなりつつある、新手法も取り入れ、作品の世界観をより広く深く掘り下げるモノとなっている。

 今回、上映前の導入には、赤江かふおによる「ボディペインティングショー」。着崩した妖艶な着物姿で登場した赤江は、インダストリアルな音楽にあわせ舞台上で自らのボディにペイントを施しはじめる。シンと静まりかえった観客席は固唾を呑んで絵の進行を見守るといった、パフォーマーと観客との間にギリギリの緊張状態が続いた。

 異様な空気のまま観客は『むさぼる』本編上映で、陵辱的な映像の世界に引き込まれる。主演は美泉咲。フライドポテトを食べながら餌食を探して街を彷徨う兄弟。強引に連れてきた女に何かに怒りをぶつけるように…。女をむさぼる兄の傍らでカメラを回し続ける弟、そんな堕落した毎日を繰り返す兄弟に女は最後に…というストーリー。

 上映終了後、監督のジロー氏、美泉、赤江が舞台挨拶し、観客との歓談立食会へ。女優や監督と直に作品について批評する機会がある貴重なイベントだ。第6弾の上映会は8月上旬に同所で行われる予定だ。

桃太郎映像出版HP http://www.indies-av.co.jp/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ