search
とじる
トップ > トレンド > 松山ケンイチ、菊地凛子と共演はイイ感じ。でも、なぜか不安な映画『ノルウェイの森』

松山ケンイチ、菊地凛子と共演はイイ感じ。でも、なぜか不安な映画『ノルウェイの森』

 雑誌「TOKYO(KANSAI)★一週間」(講談社)で映画『ノルウェイの森』の、主人公“ワタナベ役”に扮した映像を「初出し公開」された俳優の松山ケンイチ。俳優として人気は高い松山ケンイチだが、『デスノート』(藤原竜也主演)こそヒットしたものの、その後の映画・ドラマの評判はどれもいまいちだ。そして12月公開予定の『ノルウェイの森』を監督するのが、賛否両論の問題作『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を監督したトラン・アン・ユン監督。ユン監督の手で、若い松山は上手く生かされるのであろうか。

 『ノルウェイの森』の原作者は、言わずと知れた村上春樹。この本が世界中に翻訳されている為、映画も世界で公開する事を想定して撮影されている。作者・村上春樹のイメージを投影した“知的青年”ワタナベ役を、何事も荒削りな松山ケンイチが演じるという無謀なキャスティングにも驚くが、ベトナム出身のフランス人、トラン・アン・ユン監督の作風はかなり異色。どういういきさつで『ノルウェイの森』を監督する事になったのか今のところ不明だが、「日本=ベトナム=オリエンタル」という、欧米人好みのザックリした“アジア感”みたいなものが関係しているようだ。

 いつも、大々的にTVCMや広告をかけるので、それなりに動員数や視聴率はあるが、あまり松山の演技を評価する声は聞かれない。
 二役が話題になった『デトロイト・メタル・シティ』、昨年公開のアクション『カムイ外伝』、重要キャストだった『カイジ 人生逆転ゲーム』(藤原竜也主演)、これらの映画はどれも不発。おまけに昨年の日本テレビ系のドラマ『銭ゲバ』も、内容が暗すぎると不評だった。彼に使われる「憑依俳優」とは「コスプレ俳優」をうまく言ったもので、演技に対して使われない。唯一松山の良さが出ている横浜聡子監督の異色作、『ウルトラミラクルラブストーリー』は、上映館が少ない上に、難解で評価も分かれる。どうも彼は難しい役やスケールの大きすぎる役に向かっていく傾向があるらしい。

 しかし、「★一週間」の写真を見るかぎり、松山の古風な顔立ちに学生運動盛んな『ノルウェイの森』の時代性がマッチ。ワタナベの恋人、直子を演じる菊地凛子との雪景色のシーン・カットが美しく、彼の初めてしっとりとした作品になりそうだ。
 菊地と松山の組み合わせは、意外に爽やかでイイ感じだが、彼女は松山主演の映画『カムイ外伝』で足を怪我して降板した、いわくつきの共演者。松山好みの「凛」とした魅力はあるが、現在放送中のフジテレビ系ドラマ『ライアーゲーム』を見る限り、特にハリウッド仕込みの演技力にも見えず、色気もいまいち、彼女で映画館に客が呼べるか心配だ。

 とにかく菊地が降板したおかげで、現在の恋人・小雪と運命的な?出会いを果たした松山ケンイチ。普段は青森弁を話す純朴青年だそうで、どうも本人は何の狙いもなく、ただ「来た役を拒まず」演じているだけのよう。今のところまだ小雪にゾッコンみたいだが、役と同じ「来るものは拒まず」の精神で菊地に乗り換えたりはしないだろうか。そっちも気にかかる。(コアラみどり)

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ