search
とじる
トップ > スポーツ > 巨人・阿部二軍監督、坂本より期待する若手とは 原監督の“指導”も背景か、秋キャンプ後とは真逆の発言

巨人・阿部二軍監督、坂本より期待する若手とは 原監督の“指導”も背景か、秋キャンプ後とは真逆の発言

pic pic

阿部慎之助二軍監督

 巨人の近未来図が微修正された。

 台湾で開催されているウィンターリーグを視察した巨人・阿部慎之助二軍監督が、一部メディアの取材に応じ、ある若手を指してこう絶賛した。

 「勇人(坂本)の19歳の頃よりもポテンシャル、技術は上」

 一年目の育成選手、黒田響生内野手だ。育成の19歳が「ポスト原」でもある阿部二軍監督のお眼鏡にかなったことで、来春キャンプのビジョンも変更しなければならなくなってきた。

 坂本が19歳だった頃、阿部が『コイツは何か持っているな』と直感し、自身の自主トレに参加させました。それが今日の坂本を築き上げた第一歩になったと言われています」(スポーツ紙記者)

 黒田が主に守っている所は、ショート。坂本にホレ込んだ阿部が、二軍監督となってその後継者を見つけたとなれば、それはそれで、カッコイイ話だが、こんな情報もある。主砲・岡本和真のポジションだ。関係者の話を総合すると、来年からはサードで固定されるようだ。

 「坂本の後継者というのは、次世代のレギュラー遊撃手を指しています。坂本が元気なうちに次の遊撃手を育てる、と。そして、守備の負担が比較的少ない三塁に坂本をコンバートすることで、長く現役を続けてもらうのが巨人の近未来図でしたが」(前出・同)

 また、次世代の遊撃手候補には、増田陸もいる。同じ19歳だ。黒田もその年のドラフトで指名されているが、増田は支配下、それもドラフト2位。黒田は育成4位。同年、巨人は育成を含め10人の新人選手を指名しているが、“いちばん最後”に名前が呼ばれたのが、黒田だった。

 増田の将来性に期待している巨人首脳陣も少なくありません」(球界関係者)

 黒田と増田がライバルとして、切磋琢磨していく図式はチームにとってもプラスになるはず。そうなれば、坂本を守備の負担が大きいショートのポジションから外れる日も前倒しできそうだが、三塁には岡本がいる。岡本と坂本でスタメンを争わせるのは宜しくない。

 「坂本をセカンドでテストしておく必要も出てきました。セカンドには吉川尚輝もいて、増田大輝、若林晃弘、田中俊太らが虎視眈々とレギュラー奪取を狙っていますが」(前出・同)

 今回の阿部発言だが、「原辰徳監督の指導」との情報も聞かれた。秋季キャンプ終了後に「期待の若手ナシ」と阿部二軍監督が発言し、それに対して「厳しく評価するのは構わないが、名前を挙げられた選手だけではなく、チーム全体が刺激を受けるような…」と言われたそうだ。

 育成・黒田がクローズアップされたことで、一軍戦力の坂本や岡本にまで影響が及びつつある。「原監督の指導」が本当ならば、阿部二軍監督の今回の発言は“百点満点”と言えるだろう。(スポーツライター・飯山満)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ