search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 大塚キャスターの白血病再発で西尾アナとコンビを組むのは誰?

大塚キャスターの白血病再発で西尾アナとコンビを組むのは誰?

 フジテレビは16日、4月から始まる昼の新情報番組「アゲるテレビ」に復帰予定だった大塚範一キャスターが、今月14日の定期検査の結果、急性リンパ性白血病の再発が判明し治療に専念するため同番組出演も当面の間、見合わせることを発表した。

 大塚キャスターは同局の朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターをつとめていた11年11月に急性リンパ性白血病を発病。同番組を休養し、12年3月に降板した。同年10月に都内の病院を退院後、同番組に出演。今年2月にも同番組に出演し、4月から新番組で元日本テレビでフリーの西尾由佳里アナとタッグを組んでの本格復帰への意気込みを見せていたが、同局によると定期検査で再発が判明し来週早々に入院することになった。

 「同番組は昨年4月に鳴り物入りでスタートしたものの、低視聴率のためわずか1年で打ち切られることとなった『知りたがり!』の後番組で失敗すれば同枠から情報番組撤退となりそうなだけに、局内でも多大な期待が寄せられていた。それが大塚キャスターがスタートから当分の間出演できなくなりいきなりつまづいてしまった」(同局関係者)

 大塚キャスターといえば、共演者やスタッフとの団結力を重視することで知られ、「『めざましテレビ』のキャスター時代も、番組が終わると社員食堂にともにキャスターをつとめていた当時同局に所属していた高島彩アナやスタッフを集めて、よく反省会をやっていて、より良い番組作りを目指していた。それに比べて、西尾アナは日テレ時代、きっちち仕事とプライベートを分け、飲み会にすら顔を出したことがなかった」(テレビ関係者)というだけに、大塚キャスターと西尾アナのコンビネーションを危惧する声もあがっていたという。

 とはいえ、大塚キャスター復帰までの代役が気になるところだが、「キャリアからすれば『知りたがり!』でも司会をつとめた伊藤利尋アナだが、それではお茶の間に飽きられてしまうので、同局の先輩にあたる秋元優里アナとデキちゃった結婚した生田竜聖アナの起用も検討されているようだ」(先のフジ関係者)。

 いずれにせよ、大塚キャスター復帰までは西尾アナの仕事ぶりが視聴率に多大なる影響を与えそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ