search
とじる
トップ > トレンド > 「どうして気持ちを伝えるのが下手なのだろう?」就職活動でヘコんだら、ENBUゼミナールへ行こう!

「どうして気持ちを伝えるのが下手なのだろう?」就職活動でヘコんだら、ENBUゼミナールへ行こう!

 どこもかしこも不景気な昨今、就職活動中の人に向けた就活ゼミが盛況とのこと。しかしいくらゼミで声の出し方や、服装のコーディネートを学んでも、この仕事をしたいという熱意が伝えられなければ、何もはじまらない。面接で上手く気持ちが伝えられなくてヘコんだ覚えのある人も多いはずだ。それは恋愛についても同じ事。この夏、そんな表現力を養う講座が揃っているENBUゼミ。お芝居を通して自分の気持ちの伝え方を学び、人間関係をスムーズにしてみてはいかが。

 ENBUゼミナールは、映画や演劇などのクリエーターや、俳優を養成するスクールで、ここを卒業したたくさんの人が現在、舞台や映画、テレビCMの世界で活躍している。普段は昼夜の講義と実践も含め1年コースにて授業をしているのだが、学生や社会人が通いやすい8月は短期集中のサマースクール講座(9〜18時間)が開催されているのだ。その講師陣も豪華。

 演劇では「五反田団」の前田司郎、「岡崎藝術座」の神里雄大、「ままごと」の柴幸男、「ピチチ5」福原充則の身近なところから、今年監督が話題になった「ポツドール」三浦大輔など。映画では、ユニークなオーディションで俳優の出演を決める『SRサイタマノラッパー2』監督の入江悠、テレビや映画に多く出演する俳優の利重剛など。もちろん舞台演出家やシナリオ作家の講座も予定されている。内容は講師におまかせという事なので、セリフをしゃべらされたり、何をするのかは参加してみないと分からない。どの講座も女優、俳優気分を味わえる事だけは確かだ。

 たしかに昔に比べて若い人が「自分の気持ちを伝える事」が下手になっている。仕事や就職活動に限らず長い人生、一度立ち止まって他人が何を伝えようとしているのか、自分の気持ちをどうやって伝えればいいのか考えてみるのも勉強になるだろう。役者志望ではなく、学生や社会人にとっては趣味の仲間やクリエーターと知り合いになれるチャンス。いままで意識しなかった開放された時間には、目からウロコの発見があるはず。

ENBUゼミナールHP http://enbuzemi.co.jp/

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ