search
とじる
トップ > 芸能ニュース > すっかり復帰時期を逃した矢口真里

すっかり復帰時期を逃した矢口真里

 自身の不倫が原因で5月に俳優の中村昌也と離婚した元モーニング娘でタレントの矢口真里だが、いまだに復帰のメドが立っていないという。

 「当初、所属事務所は8月中に会見し、10月の改変期に情報番組のレギュラーに押し込んで復帰させようというプランだったようだが、矢口本人のモチベーションがまったく上がらないようで、とても復帰できる状態ではないようだ」(テレビ関係者)

 最近発売された女性誌などでは、自宅で高級肉での焼き肉&酒&ゲーム三昧の日々を送っているそうで、先ごろ、一部で報じられた「貯金が1億円あるから、5年間は働く気がない」と知人に話していたことが矢口の“本心”に思えてきたが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が矢口の近況を報じている。

 同誌によると、矢口は現在、ほとんど外に出ず引きこもり状態。本来であれば7月から保険料の納付を呼びかける、東京都国民健康保険団体連合会のポスターのキャラクターに起用される予定だったが、不倫報道のためポスターの撮影が中止になったという。

 不倫相手となったモデルの梅田賢三との再婚説も浮上しているが、6月初めに矢口の自宅近くの飲食店で2ショットが目撃されたというが、矢口の母親に梅田との同棲を直撃したところ、「聞いたことがありません」などと否定したというのだ。

 「先日フジテレビで放送された『27時間テレビ』内の明石家さんまのコーナー出演にさんまがゴーサインを出していたというが、矢口が断ったようだ。ほかにも、今田耕司やSMAPの中居正広が“救いの手”を差し伸べようとしているが、肝心の矢口本人の気持ちが固まっていなようで、無期限休止状態はしばらく続きそう」(芸能記者)

 さすがに、年内には復帰するだろうが…。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ