search
とじる
トップ > トレンド > リアスポかわら版 「男の“甘味党”宣言」 三位一体の味わい

リアスポかわら版 「男の“甘味党”宣言」 三位一体の味わい

 亀戸駅から明治通りを錦糸町方面に歩いて10分、藤の名所で名高い亀戸天神がある。福岡の太宰府天満宮の社殿・楼門・回廊・心字池・太鼓橋などを模して造営されたことから“東の宰府”とも呼ばれ、春先には受験生で境内がいっぱいになる。

 文化2年(1805)、この参道に店を構えたのが創業200余年を誇る老舗、船橋屋。名物くず餅は上質の小麦でんぷんを地下天然水で15か月も乳酸発酵させて熟成。澄んだ乳白色でヨーグルトのような香りがする。秘伝の黒糖蜜ときな粉で味わう“三位一体”の風味は、江戸の風流を平成の世に伝えてくれる。ほかにも、あんみつやみつ豆、豆寒天など、老舗ならではの味だ。
 ▼東京都江東区亀戸3-2-14 

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ