search
とじる
トップ > トレンド > レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第74回>

レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第74回>

 毎週金曜日に連載するレピッシュのマグミによるオススメCDを紹介する企画の第74回目。マグミがDJの際にいつも持ち歩く「音楽玉手箱」(CDボックス)から、今週のオススメCDをピックアップしてもらった。

◇今週のこの1枚◇ティアーズ・フォー・フィアーズ「Songs from the Big Chair」(1985年/Phonogram)

 最初は、new waveのダンスユニット的な感じで、ファッションなども前髪だけ長かったりとか、ちょっと奇抜な格好をしている人たちでしたが、ちょっと間を空けたこの2ndアルバムでは、王道のpops路線に変わっていたので、この当時びっくりしたのを覚えています。

 1stのピコピコ感も好きだったのですが、このアルバムでは、捨て曲が無く、録音技術も数段ステップアップしていて、完成度がおそろしく高いです。その結果、世界中でも大ヒットしました。シングルカットした「Shout」と「Everybody Wants To Rule The World」も大ヒットしました。1stでは、リードボーカルをカート・スミスがとることが多く、レコード会社としても彼を売り出そうとする思惑が見えたのですが、2ndからは、ローランド・オーザバルがリードボーカルをとるバランスが多くなり、そういったことでもアルバムのイメージはずいぶん変わりましたね。このアルバムであちこちに感じる透明感が好きで、今でもフェイバリットアルバムの一つです。

 この頃から2人の不仲説がささやかれるようになり、次のアルバムも大成功だったのですが、最終的にカート・スミスが抜けて、ローランド・オーザバルのユニットとしてアルバムを出しますが、商業的に成功せず、レコード会社の契約も切られました。

 2004年にカート・スミスが戻り、「Everybody Loves A Happy Ending」というアルバムを発表しましたが、残念ながら、日本では発売になりませんでした。私は、輸入版で聴いたのですが、あちこちにビートルズ的なエッセンスが感じられて、個人的には大好きなアルバムです。また新しいアルバムが聴いてみたいですね。

■マグミ オフィシャルウェブサイト http://magumi.jp/main.html

■2012/3/16(FRI)
「251 presents Three as a bird」
at 下北沢「CLUB251」
MAGUMI AND THE BREATHLESS / BRAZILIANSIZE / wash?
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥3,000 当日¥3,500 (税込/DRINK別)
info 下北沢「CLUB251」 http://www.club251.com

■2012/4/07(SAT)
「SKAFUNK NIGHT Vol.3」
at 下北沢「CLUB251」
MAGUMI AND THE BREATHLESS / SKAFUNK
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥3,500 当日¥4,000 (税込/DRINK別)
チケット発売日3/3(土)
チケットぴあ(Pコード:159-360)
ローソンチケット(Lコード:75461)
イープラス
info 下北沢「CLUB251」 http://www.club251.com

■2012/4/28(SAT)
LA-PPISCH「ARABAKI ROCK FEST.12」出演決定!!!
http://arabaki.com/

■2012/5/11(FRI)
MAGUMI AND THE BREATHLESS Solo Live!!!
at 下北沢「CLUB251」
OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥3,500 当日¥4,000 (税込/DRINK別)
info 下北沢「club251」 http://www.club251.com

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ