search
とじる
トップ > 芸能ネタ > よしもと エンタメ界としては初となる多重言語字幕付き公演を開催!

よしもと エンタメ界としては初となる多重言語字幕付き公演を開催!

 2日、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが、都内で記者会見を開き、NHKグローバルメディアサービスの「LIVETEXTチーム」の協力のもと、エンターテインメント界として初の英語・日本語の字幕を会場でリアルタイム表示する「多言語会場字幕付き公演」を開催すると発表した。

 今回の会場字幕付き公演は、聴覚障害者や、外国人観光客などに、ハンディキャップや言葉の壁を超えてお笑いを楽しめるようにと企画された。ライブイベントの言葉をリアルタイムでテキスト配信する「LIVE TEXT」の技術を持つNHKグローバルメディアサービスの協力をえることで実現した。

 第1弾は、落語家の桂文枝が出演する「桂文枝(字幕)落語会」(6月5日 東京・神保町花月)と、吉本新喜劇の「THE舶来寄席2016東京公演」(6月9〜12日 東京グローブ座)が予定されている。

 字幕公演に挑戦する文枝は、書面で「笑いは微妙なニュアンスがあるので、言語の違いや年齢の差を超えていくのは、難しいと言われております。でも、それを乗り越えて、笑いを共有できればどれほど素晴らしいでしょう」とメッセージを送った。

 新喜劇の英語翻訳は芸人のチャド・マレーンが担当。既に芸人の監督映画などの翻訳を担当した経験もあり、「日本語だと『間』が一番難しい」と語りつつも、「日本人がオモロイと伝わってないのが悔しいんです。任せてください」と意気込みは十分のようだった。

 会見では落語家の文枝の弟子である、桂三四郎の同時字幕落語と、新喜劇の英語字幕公演のデモンストレーションが行われた。三四郎は漫談の字幕がスクリーンに次々と表示されているのを見て、「タイムラグなく、パッと映されていくのがすごい」と話した。チャドも自身の翻訳した字幕が、出演者ごとに色分けされて表示される様子を見て手ごたえを感じたようで、「気に入らない誰かをスベらせることもできますね。英訳はスコットランドなまりにしたり」と話し、爆笑を誘った。

 担当者によると、今後は中国語、韓国語にも同時字幕を対応させていきたいとのことだった。また、会見には他に吉本新喜劇の鮫島幸恵、高井俊彦、伊賀健二、タケトが出席した。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ