search
とじる
トップ > 社会 > 福井県の市役所職員が知人女性の車に“体液”ぶっかけ!

福井県の市役所職員が知人女性の車に“体液”ぶっかけ!

 福井県坂井市で理解しがたい事件が起きた。

 同県の県警坂井署は2月19日、顔見知りの女性の乗用車に体液をかけたとして福井県迷惑防止条例違反(嫌がらせ行為の禁止)の疑いで、坂井市職員・広岡正雄容疑者(44=坂井市坂井町)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年11月下旬、同市在住の30代女性が所有する乗用車のフロントガラスと屋根部に、体液の入ったコンドーム2個を置いた疑い。また、同年12月下旬には、女性の乗用車の運転席ドアノブに体液をかけた疑い。同署によると、11月は女性の自宅駐車場で、12月は女性の外出先で嫌がらせ行為をしたという。昨年11月に女性が「車に嫌がらせをされている」と同署に届けを出し、捜査していた。同容疑者は容疑を認めている。

 同容疑者は90年に旧坂井町に採用され、09年から市監査委員事務局主任として従事。監査に必要な書類の準備など、監査委員を補助する業務を担当していた。勤務態度はまじめで特に問題もなく、無断欠勤などはなかったという。

 市職員の不祥事を受けて、同市は19日に北川貞二副市長らが緊急会見。北川副市長は「公務員としてあるまじき行為で市民、関係者の信頼を裏切ることになり心よりお詫びする。今後は職員の服務規律の確保に努めたい」と謝罪した。処分については「状況を把握した上で、近く考査委員会を開いて厳格に対処していきたい」と話した。

 まさしく、公務員にあるまじき罪を犯した同容疑者。40代の市の役職者が何を考えて、このような狂った行為に及んだのか全く理解に苦しむ事件である。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ