search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』はやくも批判?「不謹慎では」問題の放送開始日と内容とは

新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』はやくも批判?「不謹慎では」問題の放送開始日と内容とは

pic pic

竹内涼真

 新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)が1月17日にスタートする。

 日本テレビとHuluの共同制作となる本作。主演は俳優の竹内涼真で、日本テレビでSeason1が放送された後、3月からHuluでSeason2が配信される予定となっている。

 自動車整備工の青年・間宮響(竹内涼真)はある日、トンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。4日後、崩落したトンネルから命からがら響が脱出すると、外の世界は一変しており――というストーリーが描かれるこのドラマに、ドラマファンからは早くも批判的な声が聞かれているという。

 「まず批判されているのは、放送開始日となる1月17日。1月17日と言えば、1995年に阪神・淡路大震災が発生した日として、多くの日本人の記憶に刻まれています。今でも毎年追悼が行われており、そうした日に『世界が終わる』というタイトルのドラマがスタートすることに対し、ネット上からは『不謹慎では』といった指摘が噴出。実際に被災者から嫌がる声などもネット上に散見されます」(ドラマライター)

 ​>>草なぎ剛主演の映画、「僕の中で間違いなく邦画No.1」竹内涼真が絶賛 意外な共演歴も<<​​​

 また、その設定を不安視する声もある。

 「本作は、地上波ゴールデンタイム初のゾンビアクション連続ドラマ。“謎の感染症”がパンデミックを起こし、感染者が生きる屍となって生存者を襲ってくるという設定になっています。しかし、現実でも世界的に新型コロナウイルスが蔓延し、パンデミックが起こっている最中。ネット上からは、『コロナ禍にパンデミックのゾンビドラマやるかね…?』『実際コロナ感染列島中にやるなよ』『下手したら現実世界でコロナ感染者への差別に繋がりかねない』といった批判的な声も多く集まっています」(同)

 日本テレビの日曜ドラマの続編がHuluで放送となり、視聴者から批判を集めていたのはこれまでもよくあるケースだったが、今回は共同制作でSeason2をHuluで配信するとあらかじめ宣言するという新たな試み。ストーリー含め、果たしてドラマファンに受け入れられるだろうか――。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ