search
とじる
トップ > スポーツ > ロッテ謎の魚が何とエイベックスと契約!マスコットでは異例、悲願のCDデビューへ

ロッテ謎の魚が何とエイベックスと契約!マスコットでは異例、悲願のCDデビューへ

pic pic

謎の魚

 千葉ロッテは、オフィシャルキャラクター謎の魚が、エイベックス・エンタテインメント株式会社よりCDをリリースする事が正式に決定したと発表した。

 2017年に突如としてZOZOマリンスタジアムに現れた謎の魚は「幕張の海に住む謎の魚」とされ、まず同年5月にZOZOマリンスタジアムのハイビジョンに初登場。この時はまだ第1形態で、見た目はチョウチンアンコウのような魚であった。しかし、すぐに魚の下に脚が生えた第2形態に進化。主に5回裏に登場し、グラウンド内を回遊するという異常行動が目立つようになった。さらに第3形態で、魚から“骨”が飛び出すという考えられない進化を見せて、この話題は海を越えて、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」でも取り上げられている。

 その後は、頭が巨大化した第4形態、そして最終形態と噂される第5形態ではスリムな人型のマスコットとして登場し、脱皮した魚の部分は今でも登場している。またガチャピン並みにいろんなことに挑戦することで、常にファンの目を気にしているところが憎めないところ。広報によると、グッズも出せば出すだけ売れてしまうという。

 謎の魚は2019年オフに記者会見を開いた際、「CDを出したいです。発売元、大募集中です。お問い合わせはマリーンズインフォメーションセンターまでお願いします。グフフフ」とCD発売元を大募集していた。あれから1年後に今回の契約に辿り着いたのだから凄い。当然、プロ野球のマスコットがCDデビューするのは異例だ。

 エイベックス・エンタテインメント株式会社レーベル事業本部、取締役本部長の猪野丈也氏は「今回、謎の魚氏と契約した理由は、ビジュアルはもちろん言動1つ1つが表現者としてオリジナリティーに溢れ、何か新しいモノを生み出すことが出来るのではないかと感じたからです。閉塞感のある世界に明るい何かを届けられたら嬉しく思います。スポーツの熱と音楽の力で、日本を、世界を元気に!謎の魚、期待してます!」とコメント。謎の魚は「日本レコード大賞、そして紅白歌合戦の司会をめざして頑張ります。吾輩の辞書に不可能という文字はない。グフフフ」と年末のレコ大、紅白も視野に入れている様子。

 なお、すでにレコーディング、ミュージックビデオの撮影は終えているそうで、楽曲タイトル、発売日などの詳細については後日、発表を予定している。

 しかし、同じエイベックス所属であるオリックスのBsGirlsと、CDの売り上げを競う相手が謎の魚になるとは…世の中分からないものである。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ