search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 立川志らく、キンコン西野の新作映画「観たくねぇな」 絵がうまくなった理由は松本人志と同じ?

立川志らく、キンコン西野の新作映画「観たくねぇな」 絵がうまくなった理由は松本人志と同じ?

pic pic

キングコング・西野亮廣

 12月10日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ制作・日本テレビ系)に、キングコングの西野亮廣が出演した。今回、西野はお笑い芸人ではなく、絵本作家として番組にやって来た。25日に公開を控える映画『えんとつ町のプペル』の宣伝も兼ねてのもので、番組では制作風景も流れた。

 この映画で、西野は製作総指揮、原作、脚本を務めている。登場人物の人選も行い、ブルーノの声を務めるのは落語家の立川志の輔だ。西野は、キャスティングを最初から意識した「当て書き」も行った。これに反応したのが、番組ゲストの立川志らくだった。志らくにとって志の輔は兄弟子に当たるが、「志の輔さんが出るんだったら観たくねぇな」と乗り気ではない様子。さらに、「役者としてはすごく有能だけど、悪声というか声が良くない。のど飴の宣伝やってて、志の輔さんだけには効かない」と畳み掛けた。これには、西野も「ディスんのやめてもらっていいですか」と困惑気味だった。ネット上でも「志らく、ボロクソだな」「もう、定番ネタって感じ」といった声が聞かれた。

 >>千鳥大悟、キンコン西野に「捕まっていないだけの詐欺師」 テレビ界の未来語り「素直にすごい」の声も<<

 さらに、西野がクラウドファンディングで、全国の子供たちに映画の鑑賞券や、鑑賞の場所を届けるプロジェクトが紹介されると、今度はこの言葉がイジられた。FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史から、「クラウドファンディング好きやな」とイジられ、ダウンタウンの松本人志も「前室にクラウドファンディング落ちてたで」と、フレーズが独り歩き状態に。

 このほか、ハナコの岡部大から「なんで絵がうまいのか」と質問されると、西野は中学時代に好きな女性をモデルとする「エロい絵」を描くことで腕を挙げていった、というまさかのエピソードを披露。絵が得意な松本も同様の経験があり、父親に見つかり母と相談していた裏話も披露されていた。これには、ネット上で「これはすごい暴露話なのでは」「西野だと不思議とキモくならないのが不思議」といった声が聞かれる。とにかく、西野が目立つ放送となった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ