search
とじる
トップ > ミステリー > 「また」起こった修復失敗騒動 なぜスペインで頻発するのか?

「また」起こった修復失敗騒動 なぜスペインで頻発するのか?

pic pic

画像はイメージです

 スペインで衝撃的な彫刻の写真が登場し、世界中で注目を集める事態となった。
 こちらはスペインのバレンシア市に存在する銀行の一角。1923年の建築当初、ここには美しい女性の彫刻が施されていたのだが、1世紀近くの時の流れで風化し、顔がほとんどなくなってしまっていた。そこで修復がなされたそうなのだが…結果は似ても似つかない、ほほえみをたたえた女性の面影はまるで見られないありさまになってしまったのだ。

 この彫刻は地元の画家であるアントニオ・グスマン・カペル氏が発見し、自身のFacebookで紹介したもの。彼は「まるでマンガのような仕上がりになっている」とコメントし、素人による粗雑な修復に費用がかけられたであろう事実を嘆いていた。

 >>手のひらの目、魔方陣…ガウディがサグラダ・ファミリアに残した「暗号」<<

 この修復結果で再び注目が集まったのが、2012年に報道された悪名高き「猿のイエス」の修復事件だろう。教会に描かれていたイエス・キリストのフレスコ画を地元の女性が修復したところ、まったく美術の心得がなかったために似ても似つかぬ修復結果になってしまったというもの。こちらの修復は世界的に話題になった結果、観光名所にまでなってしまったが、その後もスペインでの「改悪」修復は相次いでいる。

 なぜ、スペインではこのように残念な修復が行われてしまうのか。スペインの美術保全協会(ACRE)によれば、保全や修復を専門とする人々が仕事に恵まれず、海外へ出てしまったり廃業するなど、どんどん人手が減っているという。

 さらにスペインを襲っている経済悪化や、新型コロナウイルスによる経済自粛も専門の職人の廃業に拍車をかけているそう。一方で素人とはいえ本人の熱意ある申し込みを断りきれなかったり、専門の修復家に依頼するよりも安価で済むからと素人の申し出をそのまま受けてしまった結果、とんでもない修復結果が生まれてしまうことになるようだ。

 本来、修復は国際的に承認された基準や、IPCE(スペイン文化遺産協会)やスペインに存在するほかの認定機関が適用している基準にも従わなければならないそうだが、専門家以外が修復するのを禁ずる法律もない以上、なかなか止められずにいるようだ。

 また、今回の修復は少なくとも10年前には行われていたものだという。これまで誰も気づいていなかったとは思えないので、SNSで発信されたことによって改めて問題視されるようになったとみるのが良いのかもしれない。

参考動画
ECCE HOMO en PALENCIA: Polémica restauración de una ESCULTURA en un edificio emblemático | RTVE
https://www.youtube.com/watch?v=xMN8L-HnRu4

関連記事

タグから探す


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ