search
とじる
トップ > 芸能ニュース > コロナ禍で苦境に追い込まれ大きな決断? エイベックス、全盛期の社員は既に退社か

コロナ禍で苦境に追い込まれ大きな決断? エイベックス、全盛期の社員は既に退社か

pic pic

浜崎あゆみ

 音楽・映像事業を手掛けるエイベックスが東京・南青山の本社ビルを売却する方針を固めたことを10日、経済誌「東洋経済」のニュースサイトが報じた。
 同サイトによると、売却の対象となったのは、2017年12月に開業した地上18階建ての「エイベックスビル」。

 外資系ファンドを含む複数社を対象に入札を実施し、カナダの不動産ファンドが優先交渉権を得た模様だという。
 エイベックスはコロナ禍で主力のライブ事業やグッズ・CD販売が低迷し、2020年4~9月決算では32億円の純損失を計上していた。

 この報道を受け、エイベックスは11日、公式ホームページでコメントを発表。「当社は、構造改革を進めており、その一環において『本社ビル』の売却を検討しているのは事実でございますが、現時点で決定した事実はございません」とした。

 「今月5日にはエイベックス史上初となる希望退職に踏み切ることを発表。今年12月中に100人程度の退職者を募集するというが、松浦勝人会長が20年3月期に受け取った役員報酬はなんと2億7500万円。それをカットすれば、リストラする社員の人数が減らせるので、社内からは『役員報酬が高すぎる』との声も上がり始めている」(音楽業界関係者)

 ​>>トリは浜崎あゆみ? avexイベント、今年はドラマで大注目か<<​​​

 かつては所属アーティストの浜崎あゆみ、引退した安室奈美恵さんらが日本の音楽界をけん引して業界のトップを走っていたエイベックスだが、このところ、新たなスターを生み出すことができず、CDが売れなくなってしまったこともあり、ほかのレコード会社の後塵を拝することになってしまった。

 「もはや打つ手がなく大きな決断をすることになったが、今後、業績が改善されない場合、さらなるリストラもありそう。とはいえ、全盛期に第一線で活躍していた社員たちの多くはすでに退社してしまっている」(芸能記者)

 このままだと同社が掲げる「構造改革」はかなり難航しそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ