search
とじる
トップ > 社会 > 愛知・千葉・山梨で相次いで若い女性が殺害『混血少年連続殺人事件』【衝撃の未成年犯罪事件簿】

愛知・千葉・山梨で相次いで若い女性が殺害『混血少年連続殺人事件』【衝撃の未成年犯罪事件簿】

pic pic

画像はイメージです

 「警察庁広域重要指定事件」と呼ばれる事件がある。これは日本全国の警察機構が協力体制を取り、捜査に当たることを指す。主に被害者が都道府県をまたがって存在し、かつ凶悪犯罪と見なされた際に指定される。

 ​>>中学生2年生が爆弾魔に小倉駅コインロッカー爆破事件【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<​​​

 これまで24件が「警察庁広域重要指定事件」に指定されているが、中でも少年犯罪は2件あり、そのうちの1件が1967(昭和42)年に発生した『混血少年連続殺人事件』である。

 被害者は3人の若い女性。最初に殺害されたのは同年12月13日、愛知県豊橋市に住む、当時24歳の主婦であった。主婦の死体は風呂場で発見され、下半身がむき出しになっていたため、性的暴行を加えられ溺死させられたものとされた。

 第二の事件は同年12月28日、千葉県我孫子市で当時28歳の主婦が細いひもで縛られ、殺されていた。第三の事件は年が明けて1968(昭和43)年1月16日に山梨県甲府市の住宅街で発生。被害者は当時25歳の独身女性であった。この女性はアイロンのコードで首を縛られ、さらに床には血の付いたソーセージやキュウリが散乱し、局部に突っ込んだ痕跡があったという。

 愛知・千葉・山梨と3県で発生した女性連続殺人事件は、手口がほぼ同じということもあり、同一犯人と断定。また、現場近くには必ず20歳前後の長身の男性の姿が目撃されていた。警察は柏市で容疑者の16歳少年を逮捕した。

 少年は日本に駐留していたアメリカの兵隊の父親と日本女性のハーフで、父親は朝鮮戦争で戦死。母親はアメリカに渡ってしまい天涯孤独の身となってしまった。
 ハーフである少年は「日本社会では差別される」と勤務先の自動車工場を抜け出し日本全国を放浪。金に困ると窃盗や強盗をはたらき、やがて若い女性を性的暴行目的で狙うようになったという。

 少年は複数の強盗殺人で無期懲役の判決が下ったが、現在は出所。罪を反省し日本社会で平穏に暮らし存命であれば69歳になっている。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ