search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「安倍さんは自分の言葉でお話することを避けてきた」遠野なぎこ、菅新総理に期待

「安倍さんは自分の言葉でお話することを避けてきた」遠野なぎこ、菅新総理に期待

pic pic

遠野なぎこ

 9月16日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、同日に新たな総理大臣に指名された菅義偉氏の話題となった。番組は21時から行われた菅氏の会見を一部、生中継した。

 >>遠野なぎこ「進次郎さんがなったから国民から大ブーイング」小泉官房長官の可能性に懸念<<

 この日の放送では、女優の遠野なぎこと元衆議院議員の金子恵美氏がスタジオ出演を果たした。
 金子氏は会見の様子を眺めた感想として、「冷静なお話だと思いますけれども」と前置きを起きつつ、「とにかくコロナ対策に最優先に取り組むということで、安倍政権の継承ですけど、コロナはやったんだけど、官房長官として見てきた中で、実は足りなかったところというか、見直さなければいけないところがよくおわかりだからこそ、電子化が足りないなど、独自にやらなければいけないところのメッセージを発信されている」と、その姿勢を高く評価した。

 これには、ネット上で「確かに足りない部分はあると思うな」「ひとまずは期待といったところ」といった声が聞かれた。菅氏は長年に渡って官房長官を務めてきただけに、記者会見を得意とするだろう。ただ、そこからにじみ出てくるものに、変化があるのも確かだろう。

 さらに、遠野も数日前に菅氏が発した「『国民のために仕事をしたい』という言葉がすごく響いて、私は嬉しかったんですよね。安倍さんは自分の言葉でお話することを避けてきたイメージがあって、菅さんは自分の言葉でお話されているから心にスイスイ入ってくる」とこれまた高評価だった。官房長官時代からガラリと印象も変わったとも話していた。ネット上でも「普段毒舌な遠野だけど、なんか今回は評価がいいな」「やっぱり、人間性って見えてくるものだな」といった声が聞かれた。

 金子氏は菅氏が地方議員を経験してきた「叩き上げ」であることに注目し、「国民に寄り添うっていう、原理原則」を大事にしている存在ではないかとも語っていた。実務派とも言われる、菅新首相の活躍に期待したいところだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ