search
とじる
トップ > 芸能ニュース > こじるりに彼氏を“略奪”されていた元アイドル 意味深にブログの写真は残したまま?

こじるりに彼氏を“略奪”されていた元アイドル 意味深にブログの写真は残したまま?

pic pic

小島瑠璃子

 先月初めにこじるりことタレント・小島瑠璃子との交際が発覚した、大人気コミック「キングダム」の作者・原泰久氏が今月3日、自身のツイッターを更新。3月に離婚していたことを報告した。
 原氏は「お詫び」というタイトルで、一枚の文書を貼付。「一部週刊誌にありましたように、私は今年の三月に離婚致しました」と告白。

 ​>>老舗の大手芸能プロが新人女優の発掘をストップした理由<<​​​

 その上で、「仕事を言い訳に、支えてくれていた元妻ときちんと向き合うことをせず、家族を大切にできませんでした。私の不誠実な行いのせいで、周りの人を傷つけてしまったことを、重く受け止め、深く反省しております」と心境をつづった。

 さらに、同作のファンに対して、「作品を読んで下さっている読者の中には、がっかりされた方も多いと思います。不快な気持ちにさせて申し訳ありませんでした」と重ねて謝罪した。
 「原氏と小島は18年11月に行われたTBS系『世界ふしぎ発見!』の収録で出会った。その後、連絡を取り合うようになり、今年の春ごろから交際に発展したというが、時期的に小島の不倫が離婚で原因したとみられる。わざわざ離婚時期を公表する必要はなかったのでは」(芸能記者)

 しかし、一部報道によると、原氏は小島の前に、すでに引退した元アイドルの女性と交際していたことが「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた。
 そのアイドルと原氏は12年にテレビ番組での共演がきっかけで知り合い、原氏は妻との離婚をほのめかして交際を迫り、18年ごろから交際に発展。しかし、そこに割って入ったのが小島だったのだ。

 原氏と小島の交際が発覚するとその元アイドルは自身のSNSで「誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任」などと書き込み、小島に対する怒りをあらわにしたのだ。
 「引退した今でも、その女性はブログを続け、過去の原氏との2ショット写真も掲載したまま。この先も原氏への未練と小島への怒りを抱えたまま生きていくことになるだろう」(同)

 小島からすれば「してやったり!」だろうが…。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ