search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 爆笑問題、山Pの“お持ち帰り”に「そりゃあるでしょ」 タブーに触れる?

爆笑問題、山Pの“お持ち帰り”に「そりゃあるでしょ」 タブーに触れる?

pic pic

爆笑問題・田中裕二、太田光

 8月18日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、未成年女性との飲酒が明らかになり、ジャニーズ事務所から活動自粛処分を受けた山Pこと山下智久と、厳重注意を受けたKAT-TUNの亀梨和也がイジられた。

 ​>>安藤優子、活動自粛の山Pに「神々しいまでに清々しいイメージ」発言 「逆のイメージだわ」の声も<<​​​

 番組冒頭、太田光は「山Pの友達ののりPですけれども」と、過去に不祥事を起こした酒井法子にかけてボケたのち、「山Pも大変だよね、自粛ですよ。亀梨くんは厳重注意。地元じゃ負け知らずのはずなのに。ジャニーズじゃ負け知らずじゃなかったのかって話だよな」と続けた。

 「地元じゃ負け知らず」は、山下と亀梨が出演した2005年のドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で、番組内の登場人物名義で組まれたアイドルデュオ、修二と彰による楽曲「青春アミーゴ」に出てくるフレーズ。ネット上では「この言葉には不覚にも笑ってしまった」「地元じゃ負け知らずなはずが、自粛って……」といった声が聞かれた。

 山下と亀梨の一連の報道に関しては、2人が相手の女性たちが未成年だと知らなかったと言われており、地上波のワイドショーなどでは同情的な声も聞かれる。太田も「酒飲んでたの? ソフトドリンクかもしれない」と話したほか、田中裕二が山下の「お持ち帰り」について遠回しに触れた時も、「そりゃあるでしょ。いい歳なんだから。30越えてるんだろ、あいつらも」といった意見を述べていた。太田は、かねてよりピエール瀧や沢尻エリカの逮捕を受けての芸能人の過剰な活動自粛に対しては、疑問の声を示してきただけに、今回の騒動に関してもそうした思いがあるのかもしれない。

 さらに、この日の放送では、高視聴率を記録する『半沢直樹』(TBS系)にアンジャッシュの児嶋一哉が出ていると知り、観たものの、「どこに出ていたかわからない。見逃すくらい。何の台詞もないんだよ。脇役顔なんだよあいつ」と太田はイジっていた。「これからすれ違ったりするのかな。“多目的”に使われているんだろうけど」と相方の渡部建の騒動を引き合いに出し、太田の時事ネタイジりが光る放送となった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ