search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 自局が抱える課題に気づいたフジテレビ

自局が抱える課題に気づいたフジテレビ

pic pic

画像はイメージです

 フジテレビ系で10月5日にスタートする報道番組「プライムオンラインTODAY」で、同局の宮澤智アナウンサーがメインキャスターを務めることを、一部スポーツ紙が報じた。 
 記事によると、同番組はフジテレビの総合ニュースサイト「FNNプライムオンライン」を基にした30分の報道番組。現在、9月いっぱいで終了する情報番組「直撃LIVE グッディ!」の進行キャスターを務める宮澤アナだが、報道番組は初挑戦。

 ​>>フジ、ギャラ1億円レベルの大物司会者を続々リストラ?“功労者”を切らざるを得ない切実な事情とは<<​​​

 宮澤アナは、「(『グッディ!』メインキャスターの)安藤優子さんから学んできた多角的な視点を大事に、どんな場面でも誠実でありたい」と意気込んでいる。
 「学生時代はタレント活動をしていたため、鳴り物入りで入局。エース候補として期待され、当初はスポーツ番組を担当していた。しかし、プロ野球選手との熱愛が発覚してアウト。現在のレギュラーは『グッディ!』のみだが、前任者で切れ味鋭いコメントを連発していた三田友梨佳アナウンサーと比べると、どうしても劣ってしまう。それでも、ほかに抱えている番組がないので、新番組に抜擢されることになった」(フジ関係者)

 ここに来て報道番組に初挑戦。新番組とあって、局側の期待も大きいようだ。
 「以前は女子アナの報道キャスターを育てようとしていたが、せっかく育てても退社してしまうことが多く、最近は育成に力を入れていなかったが、それが大きな課題だった。その結果、夕方の看板ニュース番組『Live News it!』のキャスターを退社した加藤綾子アナウンサーに託さなければならず、高額ギャラを支払っている上に低視聴率。おそらく、宮澤アナが順調に育てば、いずれ加藤アナを降板させその後釜に据えるのでは」(同)

 現状、30歳前半までの同局アナで報道にしっかり対応できるのは、三田アナと椿原慶子アナウンサーぐらいだが、椿原アナは育休中。宮澤アナの急成長が期待されることになりそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ