search
とじる
トップ > 芸能ニュース > マツコ「苦しかった時が長かった」 乗り越えられた“根拠のない自信”について語る

マツコ「苦しかった時が長かった」 乗り越えられた“根拠のない自信”について語る

pic pic

マツコ・デラックス

 8月17日に放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「無理だろうなということを考え方を変えれば引き寄せられる」トピックを紹介した『東京スポーツ』(東京スポーツ新聞社)の記事の話題となった。記事では、1万2千人の中から人気雑誌のモデルに選ばれた人物が実践していた、雑誌の100の質問インタビューを自分でノートに書いてみる、自分宛てのファンレターを書き返信を書くといった行動で「気持ちの先取り」を行ったことにより、「未来を引き寄せた」事例が紹介された。

 ​>>マツコ、今後やりたいことは「難しい」?「できることと他者が望んでいることは違う」仕事論が話題に<<​​​

 これを受け、マツコ・デラックスは「このやり方が全員に適しているかはさておき」と前提を置きながらも、「大いなる勘違いは必要だと思う。無理だと思っていたらやっぱり無理になっちゃうとは思うのよ。私は大丈夫なんだという何の根拠のない自信のようなものはないといけないと思うわよね」と持論を展開した。これには、ネット上で「確かに、最後は自分自身ってところはあるからな」「良い意味の勘違いはありそう」といった声が聞かれた。

 なぜ、こうしたことが大事なのかについても、マツコは「一歩というか踏み出す以前の我慢しなきゃいけない時期ってあるじゃない。それを越えられないよね。勘違いしていないと」と続けた。マツコ自身、タレントになる前はコラムニストとして活躍。さらに、その前は引きこもり同然の暮らしを送っていたこともある。そうした経験を踏まえてのことなのだろう。

 実際に、マツコは「私は遅咲きの狂い咲きなので。苦しかった時が長かったから、根拠のない『私は大丈夫なんだろう』というのは本当に思っていなかったとしても、そう言い聞かせていたわよね」と語っていた。これにも、ネット上では「マツコが言うと説得力あるな」「根拠のない自信ってバカにできないな」といった声が聞かれた。

 さらに、この日の放送では連日続く猛暑に対して、「本当にヨーロッパみたいに1か月くらい休みにした方がいいわよね」とマツコは述べており、いつもの大胆な提言も聞ける放送となった。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ