search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 今後はテレビ以外のメディアにシフトしそうな中山秀征

今後はテレビ以外のメディアにシフトしそうな中山秀征

pic pic

中山秀征

 タレントの中山秀征が、今月2日に放送された稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がホスト役を務めるインターネットテレビ局・ABEMAの「7.2 新しい別の窓」に出演した。
 中山が3人と共演したのは、2015年のフジテレビ系「SMAP×SMAP」以来5年ぶり。中山が「ホンネトーク」コーナーで3人の胸中に迫るほか、得意のボウリングで対決した。

 ​>>爆問太田の企業向け講義が話題 中山秀征が好きだった事実もぶっちゃけ<<​​​

 もともと、お笑いコンビ・ABブラザーズのメンバーだった中山。コンビ時代から俳優業をスタートさせ、ドラマのバイプレーヤーとして活躍。

 俳優業と並行して司会業をこなすようになり、日本テレビ系「DAISUKI!」、フジテレビ系「ウチくる!?」などが当たり、いずれも日本テレビ系の帯番組「ラジかる!!」、「おもいッきりDON!」でMCとしての地位を確固たるものにした。
 「もともと、所属事務所と日テレに太いパイプがあり、中山を大々的にプッシュしたところ、一流のMCに成長。事務所の戦略が当たった形になった」(テレビ局関係者)

 時は経ち、現在、中山の民放地上波のMCでのレギュラーは、日本テレビ系の日曜朝の情報番組「シューイチ」のみ。そして、今後、レギュラーが増える見込みはなさそうだといのだ。
 「中山の売り出しに貢献していた所属事務所の役員がいたが、自ら起こした不祥事が原因で事務所を退社してしまった。それに加え、各局は新型コロナウイルスの影響で広告収入が大幅減。その影響で高額ギャラタレントたちのリストラが加速している。中山としてもその流れは察知しているようで、とんねるずの石橋貴明もMCとして出演するABEMA、さらにはYouTuber転身も検討中のようだ。元SMAPの番組への出演は、ABEMAの雰囲気を味わうための“視察”だったようだ」(芸能記者)

 今後、中山も含め、各局のMCの顔触れが大きく代わることになりそうだが、中山は家族を養っていくために動き始めているようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ