search
とじる
トップ > 社会 > 自称漁業の男、元交際相手宅の郵便受けから消火器を噴射し逮捕 家電製品も使用不能に

自称漁業の男、元交際相手宅の郵便受けから消火器を噴射し逮捕 家電製品も使用不能に

pic pic

画像はイメージです

 佐賀県佐賀市で、元交際相手の家電製品などを壊したとして、自称漁業の男(54)を逮捕したことが判明。その行動に驚きが広がっている。

 男は8日午後11時頃、佐賀市内の元交際相手(40代女性)が住むアパートを酒に酔った状態で訪れると、ドアをドンドンと叩いた上、郵便受に消火器のホースを差し込む。そして、そのまま消火剤をぶちまけ玄関や台所を汚し、電子レンジなどの家電製品を使用不能にした。

 被害を受けた女性が「元交際相手が酒に酔って大声で叫びドアを叩いている」と通報し、事件が発覚。警察官が周辺を捜査したところ、酒に酔った男を発見し職務質問したところ、容疑を認めたため、器物損壊の疑いで逮捕した。2人の間にストーカー被害などのトラブルはなかったそうで、警察は現在動機などについて詳しく捜査している。

 常軌を逸した行動に、「驚く。何を考えていたのかわからない」「嫌がらせの一種だと思うけど、こんなことをすれば余計に嫌われるのは明白だ」「きっと女性はこんな男と付き合ったことに後悔している」「嫌すぎる男」「漁業の男は気性が荒い。別れて正解だよ」と驚きや怒りの声が上がる。

 また、「消火器の消火剤はなかなか落ちない。掃除するのにも時間がかかる」「賃貸だったら修繕費がかなり掛かる」「この費用は誰が出すのか。やられ損は止めてもらいたい」という声も出た。

 少なからず「復縁したい」という気持ちもあったであろう男。女性の心の中にかすかに燃えていた好意という火も、消火器で消し去ってしまったようだ。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ