search
とじる
トップ > 社会 > 83歳男、後続車のクラクションにキレて51歳男性をバールで殴る 「何でバールを持っているのか」恐怖の声

83歳男、後続車のクラクションにキレて51歳男性をバールで殴る 「何でバールを持っているのか」恐怖の声

pic pic

画像はイメージです

 愛知県田原市で、83歳の無職の男が51歳の男性にバールで殴り、怪我をさせたとして逮捕されたことが判明。その行動に驚きが広がっている。

 警察によると、7日午前10時25分頃、83歳の男が運転する車がエンジントラブルを起こし走行不能に陥る。通り抜けが難しい道路だったため、後方を走っていた51歳男性が自動車のクラクションを鳴らすと、男が激昂。車に積んでいた長さ73センチのバールで男性を殴り、軽いけがを負わせ、傷害の疑いで現行犯逮捕された。

 >>24歳女子大学生、クラクションを注意されブチ切れ 車で相手をひき殺そうと急発進<<

 このニュースに、「83歳が運転していることが間違い」「何でバールを持っているのか? 人を殴るために持っていたとしか思えない」「愛知は怖い。運転も荒いし、性格も荒い」「老害すぎる。クラクションで怒るくらいなら、運転やめろ」と驚きや怒りの声が上がる。

 一方で、「クラクションの濫用も道路交通法違反になる。後続車ももう少し配慮してよかったのでは」「少し待っていればよかっただけ。何でもかんでもクラクションを鳴らすからこういうことになる」「愛知と言う土地柄を考えたら、黙っているべきだった」と、被害男性に苦言を呈す声もあった。

 クラクションを鳴らされたことによる事件は多々発生。今年4月だけでも、神奈川県川崎市で鳴らされた兄弟が激怒し顔面を蹴って歯を折る、サイドミラーを壊すなどの暴挙に出る事件が起きているほか、同じ愛知県の一宮市でも24歳の女子大学生がクラクションを注意されたことに腹を立て、注意した男性を車でひき殺そうとする事件も発生している。

 人間は自分に向かって大きな音を鳴らされると、不愉快に思えてしまうもの。もちろん鳴らさらなければいけない時もあるが、「時と場合」を慎重に見極めてほしい。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ