search
とじる
トップ > スポーツ > 広島・森下、投球フォームに致命的な欠点? 高木豊氏が「苦しむ」と危惧、身近な元投手が参考に

広島・森下、投球フォームに致命的な欠点? 高木豊氏が「苦しむ」と危惧、身近な元投手が参考に

pic pic

画像はイメージです

 元大洋・横浜で野球解説者の高木豊氏が23日、自身の公式ユーチューブチャンネルに動画を投稿。広島・森下暢仁について言及した。

 >>広島・スコット、ボーア以上に「使えない」? 新人を裏切る大炎上、MLB大物選手の獲得はあるか<<

 今回の動画で高木氏は、自身が思う今シーズン期待の新人を複数名紹介。昨年のドラフト1位で広島に入団し、“即戦力投手”、“新人王最有力”と高く評価されている森下の名も挙げた。

 森下の投球について、高木氏は「特徴的なのは縦に割れる(落ちる)カーブで、(現役時代の)佐々岡(真司)監督と似てる。だから、佐々岡監督みたいな(配球の)組み立てでいけば勝てる」とコメント。現役時代の佐々岡監督は縦に大きく落ちるカーブを武器に「570登板・138勝106セーブ・防御率3.58」といった数字を残した好投手だったが、森下は佐々岡監督の配球を参考にすべきとアドバイスした。

 しかし、森下のカーブについて高木氏は「3月のオープン戦の時期に(投球を)見たんだけど、カーブを投げる時ちょっと体が緩む」とも指摘。カーブを投げる際に体の動きが遅くなる癖があるといい、それを打者に見抜かれるのではないかと危惧した。

 自身が投球を見た3月以降も癖が直っていなければ、「カーブが有効的に決まらずに苦しむ」と予想した高木氏。ただ、修正できていればプロ1年目でも十分に勝つ力はあると期待も寄せていた。

 今回の動画を受け、ネット上には「来るのが分かってるカーブはただの遅い球でしかないだろうから、打者にバレないようにどう投げるかっていうのは確かにカギになりそう」、「佐々岡監督と似てるって言うのは自分も思ってた、せっかく同じチームなんだし色々教わってほしいな」、「ルーキーの投手は自分でも分からない癖が出てたりするものだけど、森下は早いうちに矯正してほしいな」、「プロ初登板ではあんまりカーブ投げてなかったし、多分本人も課題は認識してるんじゃない?」といった反応が多数寄せられている。

 「森下は開幕3戦目となる6月21日のDeNA戦でプロ初登板・初先発。7回無失点で降板するまでに104球を投げましたが、そのうちカーブを投げたのは15球でした。最大の武器であるカーブをそこまで投げなかったところを見ると、投球時に癖が出ていることは本人も把握しているのかもしれません。それでも、速球とチェンジアップ主体でしっかりと試合を作れているので、癖が修正できれば高木氏の期待通りに大化けする可能性は十分あるのではないでしょうか」(野球ライター)

 21日の試合ではチームがサヨナラ負けを喫したためプロ初白星とはならなかったが、DeNA・ラミレス監督に「交代してくれてよかった」と言わしめた森下。次回登板は28日の中日戦とみられているが、プロ2戦目の投球にも大きな注目が集まりそうだ。

文 / 柴田雅人

記事内の引用について
高木豊氏の公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCgr5CkgytiVfdnk4C0M42nQ

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ