search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『M』の影響で「通りもん」の注文殺到! 売り込み失敗したのは、肝心のアーティスト?

『M』の影響で「通りもん」の注文殺到! 売り込み失敗したのは、肝心のアーティスト?

pic pic

田中みな実

 歌手の安斉かれん、俳優の三浦翔平がW主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「M 愛すべき人がいて」の第4話が13日に放送され、平均世帯視聴率が4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。
 同ドラマは、ノンフィクション作家・小松成美さんによる、歌手・浜崎あゆみの半生を描いた自伝的小説が原作。

 コロナ禍により撮影が一時中断し、先月9日に放送予定だった第4話が延期となっていたが、このほど撮影が再開し放送となった。

 ​​>>ドラマ『M』リハから異様な光景? 周囲の人々が明かした田中みな実怪演の裏側<<​​​

 午後11時台の放送ながら、初回からの視聴率は5.6%、5.4%、4.4%と推移し、第4話は前回よりも0.1ポイントアップとなったが、またしても、レコード会社専務・マサ(三浦)の秘書・礼香を演じる田中みな実をめぐる話題が大きな注目を集めた。

 「田中が演じるのは片目の眼帯を外さない美女。第4話ではなぜ片目になってしまったのかが明かされたが、田中の眼帯が博多銘菓『通りもん』に似ていることから、第4話から同社がCMスポンサーに就任。注文が殺到し、放送中はネット上で話題になった。今やすっかり安斉の存在がかすんでしまった」(芸能記者)

 同ドラマには安斉のほか、現在売り出し中のエイベックス所属アーティストたちが出演。5月には同社の松浦勝人会長がプロデュースを手掛け、90年代のディスコをイメージした楽曲などで構成されたアルバム「avex revival trax」を発売。安斉らが歌唱アーティストに名を連ねているのだが…。

 「もともと、エイベックスは松浦氏が洋楽のレンタルレコード店を始めたのが原点。それだけに、思い入れのあった作品だと思われるがオリコン初登場は18位で売り上げは3000枚程度と大惨敗。今後、安斉を劇中のような歌姫に成長させるのは至難の業では」(音楽業界関係者)

 田中アナのキャスティングが裏目に出てしまったのかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ