search
とじる
トップ > 社会 > 全裸で殺害後犯された聡明な女性医師、隠れた素顔が徐々に明らかに…?【未解決事件ファイル】

全裸で殺害後犯された聡明な女性医師、隠れた素顔が徐々に明らかに…?【未解決事件ファイル】

pic pic

画像はイメージです

 1972年6月26日、東京都港区にあるホテルにて当時37歳の女性歯科医師Aさんが何者かに殺害される事件が発生した。警察は顔見知りによる犯行に絞って複数の容疑者をリストアップしたが、世間の関心を集めたのは彼女の裏の顔。不倫や夜遊びといった情事が明らかになって行き、報道に注目が集まったものの、結局犯人逮捕には繋がらなかった。

 遺体が発見されたのは6月26日の未明。Aさんと共にホテルに宿泊していた連れの男性医師BさんとCさんの二人が、部屋で倒れている彼女を発見した。すぐに二人は警察に通報したが、警察官が駆け付けた時には既にAさんは死亡していた。三人は事件前日に行われた日本歯科医師会の講習会に参加するために熊本県から訪れていたそうだ。

 遺体発見当時、Aさんは全裸の状態で、彼女のバッグから現金が盗まれていたことが判明。警察による鑑定で、Aさんは死亡後に姦淫されていたことも分かった。
 警察は顔見知りによる犯行とみて捜査を開始。Aさんと接触があった人物に的を絞り、事情聴取が行われた。

 ​>>海外の治験ツアー後に惨殺された日本人女性、現地で隠された類似事件の謎とは【未解決事件ファイル】<<​​​

 最初に疑われたのはAさんに同行していたBさんとCさん。事件前日の午後7時頃からAさんと近くにある焼き鳥屋で夕食を共にしていたが、その後Aさんは「気持ち悪くなった」と言って先にホテルに帰ったという。結局、二人の医師のアリバイを証明する第三者が見つからなかったものの、遺体から検出された犯人の血液型と合わなかったことから容疑は晴れた。

 次に疑われたのは、Aさんと不倫関係にあった東京の歯科医Dさん。Aさんとは大学が同じで、二年先輩だった。東京に上京した6月24日夕方から25日朝まで密会していたことが分かっている。その時、同行した医師二人BさんとCさんには「親戚の家に行く」とAさんは嘘をついたそうだ。しかし、遺体が発見された部屋から見つかった指紋と血液型のどれにも一致せず、Dさんは容疑者から外れた。そして、ダンスが趣味だったAさんと東京のダンスホールで踊っていた男Eさんも容疑者に浮上したが、結局アリバイが見つかり容疑は晴れる。

 その後、警察による懸命な捜査が行われたが、犯人に繋がる手がかりを見つけることは出来なかった。事件から5年後に、東京の歯科大学の元教授Fさんが重要参考人として発表されたものの、密告者による虚偽の通報であることが判明。それ以降、事件に進展は見られていない。
 Aさんは地元では派手な女性として有名だったといい、東京を訪れた際には一人でダンスホールなどを遊び歩いていたという。

 警察は初動捜査において容疑者を顔見知りに絞っていたため、外国人も多数宿泊するホテルの中で他の容疑者を割り出すことは非常に困難を極めた。変質者に襲われたのか、それとも知人か、行きずりの相手とのトラブルか。真相は闇の中である。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ